ガルバリウムを外壁に使用することを検討中の方必見!知っておくべき基礎知識をご紹介

~いざという時の備えに~外壁塗装コラム

TOP >> 外壁塗装コラム >> 外壁の貼り替え >> ガルバリウムを外壁に使用することを検討中の方必見!知っておくべき基礎知識をご紹介
キーワードからコラムを探す
Bg_column-header
外壁塗装 無料相談Q&A

過去の「質問と回答」から検索する


外壁塗装に関する相談を匿名で投稿する

Btn-post ※専門家からの回答は
 約2営業日前後で投稿されます
外壁塗装コラム

ガルバリウムを外壁に使用することを検討中の方必見!知っておくべき基礎知識をご紹介

%e3%82%ac%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e3%82%a6%e3%83%a0

おしゃれでクールな印象のガルバリウム外壁。近年、その見た目と耐久性から注文住宅によく使われるようになりました。外壁にガルバリウムを選ぼうとしている方は、特徴的な外観に惹かれたのではないでしょうか。
ガルバリウムのおしゃれな外壁
 

しかし、マイホームにこの先数十年快適に住み続けるためには、メリット・デメリットをしっかりと把握し、定期的なメンテナンス費用のことも考えて外壁を選ぶ必要があります。
 
そこで今回はガルバリウム外壁のメリット・デメリットに加えて、他の外壁材と比較してどのような特徴をもつのかを詳しくご紹介していきたいと思います。
 
 

ガルバリウムとはどのような外壁材なのか

ガルバリウムとは、鉄の板に合金で皮膜を形成することにより、耐久性を向上させた鋼板です。
 
ガルバリウム材の特徴
耐食性のあるアルミニウムを55%、防食作用のある亜鉛を43.4%、耐熱性のあるケイ素(シリコン)を1.6%含む合金が吹き付けられているため、亜鉛のみで加工されているトタンと比べると約3~6倍もさびに強く、耐久性のある外壁材となっています。
 
また厚さが1~3mmと薄く軽いので、建物の構造への負担が軽く耐震性にも優れていると言えるでしょう。さらに機能性だけではなく、金属の質感からおしゃれでシンプルモダンな印象を持たせることもできるのが人気の理由です。
 
このように、ガルバリウムは耐久性、耐震性に優れたデザイン性の高い外壁材です。しかし、メリットと同時にいくつかのデメリットもありますので、しっかりと把握しておきましょう。
 
 

外壁材にガルバリウムを使用するメリットとデメリット

外壁材としてガルバリウムを使用するかどうかは、あなたの求めている外壁の条件とガルバリムの強みと弱みがマッチするかどうかによります。
ここからはガルバリウムのメリットとデメリットをご紹介します。
 
ガルバリウム材のメリットとデメリット

ガルバリウムを使用するメリット

 

さびにくい


ガルバリウムは、耐腐食性に優れた「アルミニウム」や「亜鉛」などの複数の層になった塗膜により保護されているため、他の金属系サイディングよりもさびに強い特徴があります。
金属板の外壁材というと、茶色く変色した「トタン」のイメージが強いと思いますが、ガルバリウムはこの塗膜によりさびにくい性質を持っているので、長期間美しい見た目を保つことができるのです。
 

耐久性が高い


約10年で大規模メンテナンスが必要になる「窯業系サイディング」や「モルタル塗り壁」と比べると、ガルバリウムの耐用年数は20~30年と長く、耐久性が高いのもメリットです。初期費用は少々高くなる傾向にありますが、生涯のメンテナンス費用を考えるとコストパフォーマンスが良いと言えるでしょう。
 

耐熱性が高い


ガルバリウム鋼板の耐熱温度は約350度と高温なので、熱によって外壁が著しく劣化することはありません。さらに熱反射率も高く、外壁に熱を持つことがないため外壁に黒などの濃い色を選んでも室内に熱がこもらず、夏の冷房効率が良くなります。遮熱塗料と組み合わせることによって、さらに外壁から伝わる熱を遮断することができるでしょう。
 

耐震性が高い


ガルバリウム鋼板の厚さはとても薄く軽いため、耐震性に優れています。その重さは窯業系サイディングの1/4、モルタル塗り壁の1/10程度と言われています。地震が頻発する日本では、外壁材が重いと地震の度に構造材に負担が蓄積されていきます。そのため、重さも負担も軽いガルバリウム鋼板の外壁は耐震性に優れていると言えるでしょう。
 

デザイン性が高い


ガルバリウム鋼板は金属特有の見た目から、シンプルモダンでおしゃれな印象を持たせることができます。瓦屋根と組み合わせてひと味違った和風のイメージを作ることもできますし、ウォルナットなどの木材と組み合わせて暖かみを再現することも可能です。また汚れのお手入れも水洗いで良いなど、自分で手軽にできるのも特徴です。そのため、窯業系サイディングやモルタル塗り壁では汚れやすく敬遠されがちな「黒」や「白」にも挑戦できるのは、デザイン面で大きいメリットだと言えるでしょう。
 

ガルバリウムを使用するデメリット

費用が高い


窯業系サイディングやモルタル塗り壁と比べると、ガルバリウム外壁は初期費用が高くなる傾向にあります。性能により差はありますが、相場としては1㎡につき約5,000円から。モルタル塗り壁は1㎡につき約2,000円から、窯業系サイディングは1㎡につき約3,000円からで施工することができます。そのため、低コストで家を建てたい方にとっては不向きな外壁材です。
 

断熱性が低い


ガルバリウム外壁はとても薄くいため、断熱性能に関しては全くといって期待できません。快適な室内を保つためには、ガルバリウムに加えて断熱材を厚めに隙間無く敷き詰める必要があります。
 

傷がつきやすい


ガルバリウム外壁はとてもデリケートな素材で、固い物が当たるとすぐに傷ついてしまいます。また、その傷からさびが雨にさらされることでさびが発生し、見た目に影響を及ぼしてしまいます。そのため、お子様がいるご家庭や、外壁の近くで車や自転車を出し入れする際には傷つけないよう注意が必要です。
 

潮風に弱い


ガルバリウム外壁は金属ですので潮風に弱く、海の近くの家では外壁の劣化が早く進む傾向にあります。耐用年数は都市部で25年程度ですが、沿岸部の地域だと10年ほど縮まり15年でメンテナンスが必要となってしまうのです。海の近くにお住まいの方は、慎重に検討しましょう。
 

結露しやすい


ガルバリウム外壁に限らず、金属系サイディングは湿気や空気を全く通しません。機密性を高める上では有利に働きますが、通気口を設けたり適切な換気を行わないと室内に湿気が溜まり、結露してカビの原因となってしまうのです。そのため、施工の際には通気や換気について正しい知識を持っている業者の方にお願いしましょう。
 

洗う手間がかかる


ガルバリウム外壁は酸性雨や潮風に弱いので、雨が降った後や、沿岸部に建つ家は定期的に水洗いすることが必要です。沿岸部ではなくても、近くの道路で凍結防止の塩化ナトリウムをまく冬場は塩害の影響があります。劣化を防ぎキレイに保つには水洗いをしなければならないので注意が必要です。
 

業者選びが難しい


ガルバリウム外壁の施工には熟練したテクニックが必要なため、業者選びは慎重に行う必要があります。施工実績や知識が少ない業者へ依頼してしまうと、ガルバリウム外壁のメリットである耐久性が著しく損なわれてしまうのです。そのため、施工実績が豊富でしっかりとした保証のある業者を選びましょう。
 

防音性が低い


ガルバリウム鋼板を外壁に採用した方で「雨音がとてもうるさい」という声が多く見られました。ガルバリウム自体に防音性は無いので、壁の内側に吸音性のある材料を選び、防音性を高めることが大切になってきます。
 

ガルバリウムで外壁リフォームを行った際の費用


外壁のリフォームでガルバリウム鋼板を採用した場合の相場は、約30坪の住宅で200万円前後です。工法としては、既存の外壁の上に取り付ける方法と、既存の外壁を撤去して取り付ける方法の2種類があります。既存の外壁を撤去する場合には、廃棄物処理の費用が追加で発生するので、20~30万円ほど多めに見積もっておくと良いでしょう。
 

ガルバリウムと他の外壁材の違いを一覧表で比較


新築一戸建てで約80%の割合で採用されている人気の「窯業系サイディング」、初期コストが低い「モルタル塗り壁」の特徴と、ガルバリウム外壁の特徴を表で比較してみましょう。

項目 ガルバリウム 窯業系サイディング モルタル塗り壁
費用
見た目 モダンな印象 シンプルからレンガ調まで様々 平坦でシンプルな印象
耐久性
特徴 ・初期費用が高め
(約5000円/㎡~)

・モダンでクール

・耐用年数は20~30年
・初期費用は比較的安価
(約3000円/㎡~)

・人気商品で、バリエーションが多く、おしゃれ

・耐用年数は10~20年
・初期費用は安価(約2000円/㎡~)

・カラーバリエーションが豊富で個性を出すことも可能

・耐用年数は塗料により3~10年
 

 
 

色別のガルバリウムを使用した外壁デザイン事例

 黒

 

黒色のガルバリウム外壁

参照元:https://www.instagram.com/p/BxL4S7YHV1O/


黒のガルバリウム外壁は濃いブラウンの木材と相性がとても良いです。ルーバーやウッドデッキに木材を採用し、クールさの中にあたたかみをプラスしてみてはいかがでしょうか。

 


白い外壁は可愛い印象になりがちですが、ガルバリウム外壁ならスタイリッシュにまとめることができます。黒やブラウンとも相性が良いので組み合わせ次第でおしゃれな外観にすることができます。

白のガルバリウム外壁

参照元:https://www.instagram.com/p/BzWWaMdgi6E/
 

ブラウン


 濃いブラウンのガルバリウム外壁は、黒と同様シック印象を与えると同時に、緑や自然と調和する優しい雰囲気も持ち合わせています。樹木を植えたり芝生を敷いたりすると、緑が映えて癒やされることでしょう

茶色のガルバリウム外壁

参照元:https://www.instagram.com/p/Bzh6b-fA2NG/

 

ガルバリウムを使用した際のメンテナンスについて


しっかりと定期的にメンテナンスをすれば、耐用年数が長く美しい見た目を保つことができるガルバリウム外壁。詳しいメンテナンスの期間や費用、修復方法を見ていきましょう。
 

メンテナンスの目安期間


張り替えや塗り替えなどの大規模なメンテナンスは20年前後で行うことになるでしょう。他の外壁材よりも耐久性に優れているのは事実ですが、経年による色あせなどの劣化は避けられません。
 
また雨や潮風、排気ガスなどの影響を最小限に抑えるため、1年に1~2回は外壁全体を水洗いして劣化の原因となる汚れを落としましょう。
 
特にガルバリウムなどの金属系サイディングは、傷によってむき出しになった部分にさびが発生しやすくなります。そのため水洗いなどのメンテナンスもしつつ、施工から5年単位でプロによる点検を行い、傷やへこみなどの修復を行いましょう。
 

ガルバリウムのメンテナンスにかかる費用


施工から20年前後で行う、広範囲の塗り替え費用は50~100万円程度が相場です。10年以内に大規模なメンテナンスが必要な窯業系サイディングや塗り壁と比べると、メンテナンスコストは半分以下となります。
 
しかし水洗いや細かな点検補修を怠ると、さびが広範囲に広がり鋼板自体を痛めたり、板が浮いてしまったりするトラブルが起きてしまい張り替えが必要になります。すると、塗り替え費用に加えて1㎡につき5000円~7000円の費用がかかり工期も長引くので、高額な出費となってしまうのです。
 
大きな出費を防ぐために、こまめな点検と修復を心がけましょう。
 

ガルバリウムが劣化した際の修復方法

傷がある場合

 傷がある場合は、上から塗料を塗布しカバーします。元の外壁の色と補修用の塗料の色を合わせるのがとても難しいので、何も考えず似た色で塗ると浮いて目立ってしまいます。そのため、様々な色の塗料を取り扱い、色の調合が上手な業者さんを選んで補修してもらいましょう。
 

色があせた場合


経年劣化により塗料の色が全体的にあせてきた場合は、全面的な塗り直しが必要です。ガルバリウム外壁の表面はツルッとしていて汚れも落ちやすいのがメリットですが、同時に塗料も定着しにくいのが特徴です。取り扱いがとても難しいので、ご自身がDIYで行うには難易度が高いと言えるでしょう。そのため、塗料が定着するための下地処理をしっかりしてくれる正しい知識を持った業者さんを選ぶことが大切です。
 

まとめ


以上、ガルバリウム外壁のメリット・デメリットとメンテナンスの方法・費用についてご紹介しました。
 
ガルバリウム外壁は「メンテナンスフリー」「長寿命」と謳われ、カタログや業者さんの話を聞くとメリットばかりが先行しているようにも思います。
 
耐久性を保ち、外壁のの長寿命を実現するためには、こまめな点検やメンテナンスは必ず必要です。
 
しっかりとガルバリウム外壁の特徴を把握して、他の外壁では再現できないおしゃれで美しい外観を手に入れましょう。
 


外壁の貼り替えに関する新着コラム

外壁の貼り替えに関する人気のコラム

外壁塗装相談の「質問と回答」から検索/外壁塗装に関する相談を投稿

過去に他の方から投稿された外壁塗装相談の「質問と回答」から検索する


外壁塗装に関する相談を匿名で投稿する ※専門家からの回答は約2営業日前後で投稿されます

Btn-post

外壁の貼り替えコラム一覧へ戻る