雨樋の掃除はどうやるの?雨樋が壊れる前に、雨樋掃除の方法や業者に依頼したときの費用を解説!

~いざという時の備えに~外壁塗装コラム

TOP >> 外壁塗装コラム >> 屋根の貼り替え >> 雨樋の掃除はどうやるの?雨樋が壊れる前に、雨樋掃除の方法や業者に依頼したときの費用を解説!
キーワードからコラムを探す
Bg_column-header
外壁塗装 無料相談Q&A

過去の「質問と回答」から検索する


外壁塗装に関する相談を匿名で投稿する

Btn-post ※専門家からの回答は
 約2営業日前後で投稿されます
外壁塗装コラム

雨樋の掃除はどうやるの?雨樋が壊れる前に、雨樋掃除の方法や業者に依頼したときの費用を解説!

Pixta_50497690_m

現在、自宅の雨樋から雨が降る度に雨水が溢れ出してはいませんか?特に問題ないと思っていたら大間違いです。

 

雨樋から雨水が溢れるのは、雨樋になんらかのトラブルが起きており、その原因の多くは「ゴミによる雨樋の詰まり」です。

 

放置しておくと、実は家全体に関わる問題に発展する場合があります。

 

「雨樋の掃除をしたことがない」

「雨樋の掃除はどうするの?」

 

そんな疑問を持たれた方に、この記事では雨樋について詳しく解せてしております。

 

雨樋の種類や掃除の方法。さらに自分で掃除をするときの手順や注意点。業者に頼むときの費用や業者の選びかたを徹底的に解説しています。

 

雨樋はトラブルが起きて放置していてはいけません。この記事を活用して早めのメンテナンスに取り掛かりましょう!

 

雨樋の役割とはなにか?

雨樋の役割は建物の排水設備になります。

雨樋イメージ画像

まず、屋根に落ちた雨水が軒先に設置された「軒樋(のきどい)」に流れ落ちます。

雨水が雨樋を通過する流れ

次に雨水は軒樋を流れ、他の雨樋から流れてきた雨水と「集水器」に集まります。

そして集水器に集まった雨水は「竪樋(たてどい)」を通り、地上の排水口に流れ落ちます。

 

これが雨樋の排水設備としての一連の流れになります。

 

もしも、雨樋が無かったらどのような問題が起こるでしょうか?

 

屋根に落ちた雨水は、そのまま地面に叩き落ちることになります。

 

その場合、地面に叩きつけられた雨水が本来濡れなくても良い外壁を濡らしてしまいます。

 

外壁には防水効果を施した塗装を施しておりますが、雨樋が無ければ、屋根の広い面積で受けた大量の雨水が長時間当たり続ける事になります。

 

そうなると、外壁の塗装や外壁自体に湿気がこもってしまい、外壁のみならず躯体にまで影響を与えてしまって、カビや腐食の原因になってしまいます。

 

他にも地面に叩きつけられた雨水によって地面を穴だらけにし、庭を水浸しにして家の基礎や床下に雨水が浸水する事もあります。

 

最悪の場合には基礎をやり直さなくてはならない事態を引きおこしてしまいます。

 

このように、雨樋の役割は「雨水を適切にコントロールして建物を守る」という重要な設備なのです。

 

雨樋の掃除の必要性

雨樋の掃除は放っておくと大変な事になってしまいます。

雨樋のごみ

ここでは雨樋が詰まる原因と対策についてご紹介致します。

 

雨樋の詰まりの原因

家の周りが落ち葉の落ちやすい環境であれば、風に乗って小枝や葉っぱが雨樋に落ちてきます。

 

また、畑や田んぼなどが近くにある環境では、やはり風に乗って土埃が舞い上がって雨樋の詰まりの原因になります。

 

その他にも葉っぱが雨樋の中で腐って養分となり、コケや藻が生えて雨樋を詰まらせる場合や、野鳥や小動物が住みかとして利用して色々なものを詰め込むこと、またそれらの死骸が原因の場合もあります。

 

放っておくとどうなる?

雨樋の詰まりを放っておくと、雨樋が雨水の重さに耐えきれずに変形や破損を起こしてしまいます。

雨樋の劣化

破損や変形を起こした箇所から、行き場を無くした大量の雨水が一気に流れ落ちてきますので、雨樋だけでなく建物自体にも被害が及んでしまいます。

 

ごみを詰まらせない方法は?

雨樋は雨水をコントロールして建物を守る重要な設備です。

 

定期的な雨樋の掃除を行えばほとんど破損の被害を免れることができます。梅雨の前や大雨が予想される前に早めに掃除を行う事をお勧めします。

雨樋ネットと落ち葉除けシート

最近では、雨樋にゴミが詰まらない様にする予防として、雨樋ネットや落ち葉よけシートが販売されております。

 

雨樋ネットは雨樋の中に、雨樋と同じ幅の丸めたネットを雨樋に入れるだけで、雨水を通して落ち葉やごみが引っかかる仕組みです。

 

ネットの網目より大きな葉っぱやゴミは引っかかりますが、それより小さなものは雨水と一緒に流れてしまいます。

 

もう一つの落ち葉除けシートは、突起のたくさんついたシートを丸めて雨樋の中に入れます。

 

突起によって落ち葉や細かいゴミが絡みつき、雨水だけを雨樋に流す事ができます。

 

どちらも雨樋に落ちるごみに対しての便利グッズですが、その他の原因によって雨樋が詰まることもありますので、可能であれば定期的に目視で確認する事をお勧めします。

 

ゴミが詰まりやすい雨樋の部分

雨樋には様々な形の部位があり、屋根から流れてくる雨水に対してそれぞれに役目を果たしています。

 

ここではその部位の名称と役割、そして雨樋が詰まりやすい原因についてご紹介します。

 

軒樋(のきどい)

軒樋は、屋根から流れ落ちる雨水を最初に受ける設備で雨樋の長さや範囲が広く、どこで詰まっているのかを確認する事が難しいのが特徴です。

軒樋イメージ画像

軒樋で詰まりやすい箇所は樋と樋を繋ぐつなぎ目です。小さな段差でも長年のゴミや土埃の堆積によって、気がついたらダムの様に雨水を堰き止めている事があります。

 

集水器(しゅうすいき)

集水器は、雨樋が受けた雨水を1カ所に集まる設備です。

集水器イメージ画像

雨樋から流されてきたゴミがここで排水溝を塞ぐ事がよく起こります。集水器から竪樋にはネットや網状の物が取り付けられております。

 

葉っぱなどは腐って雨水と一緒に流れてしまいますが、ビニールゴミ等はそのまま残ってしまい詰まりの原因になる事が多くあります。

 

竪樋(たてどい)

竪樋は、集水器や雨樋から垂直に立っているパイプ(筒)になります。

竪樋イメージ画像

ほとんどのごみは雨水と共に垂直落下するので竪樋が詰まることはあまり見かけませんが、集水器に取り付けられたネットや網が無かったりすると、竪樋と同じ径上の物体(小動物の死骸やボール)が詰まることがあります

 

エルボ

垂直に伸びる竪樋の軌道を変える為に使う部材になります。

 

屋根の軒が広い時などに、建物側に向けて竪樋を落とします。

 

肘のように曲がっていることから「エルボ」という名称になりました。曲がっている部分にゴミが詰まりやすくなります。

 

雨樋の掃除を自分でするには

雨樋の清掃は難しい作業ではなく、安全に配慮すれば清掃は可能です。

 

ここでは清掃に必要な道具についてまとめてみました。

 

雨樋の清掃に必要な道具

脚立やはしご

雨樋の掃除は高所作業になる事がほとんどなので、脚立やはしごは必ず使用します。

脚立のイメージ画像

しかし脚立やはしごは安定感に不安がありますので、一人で作業は行わずにもう一人の補助者をお願いしましょう。

 

安定した折り畳みの作業台などもありますが、高所から転落したときに発見が遅れる場合があるので、高所作業時には補助者をお願いしましょう。

 

トングやワイヤーブラシ

雨樋からゴミを取る時などにトングはゴミを掴むのに便利です。

 

またワイヤーブラシは、雨樋に藻やコケ、泥が付着しているときに水を流しながら掻き出して利用すると、雨樋も綺麗になって一石二鳥です。

 

高圧洗浄機

ホームセンターでも売っている家庭用高圧洗浄機を利用すれば、雨樋の一気にゴミや汚れを落とす事ができます。

高圧洗浄機

水圧の調節も可能なので大変便利ですが、雨樋が古いものや破損している箇所がある場合には雨樋を壊してしまう事もありますので、慣れていないのであれば水圧を強めずに利用しましょう。

 

自分で掃除する際にかかる費用

脚立やはしご、高圧洗浄機などは高額になりますが、初めから所有していれば初期コストは掛かりません。

 

準備するものもトングやゴミ袋なども1,000円程で揃います。

 

ワイヤーブラシも2,000円から4,000円程の物でも十分に綺麗になりますので、それほど費用は掛かりません。

 

注意する点

一番に気をつけることは安全です。

 

雨樋の掃除は高所作業になるので作業中の転落事故には十分に気を付けましょう。

 

高所作業は決して一人では行わず、補助者と一緒に必ず行いましょう。

 

また雨樋の清掃を行う際に、汚れが落ちないからといって強くこすったり磨いたりして、雨樋を破損させないように注意しましょう。

 

年月経っている雨樋は、経年劣化によって非常に割れやすくなっており、少しの衝撃でも雨樋が割れてしまうことがあります。

 

自分で行う雨樋掃除の手順

ここでは簡単に、自分で行うときの清掃手順についてまとめております。

 

はしごや脚立で高所に上がる

雨樋は高い所に設置されていますので、脚立やはしごを利用します。

 

設置する時にも安定した平坦な場所に設置して安定を図ります。

 

履物もサンダル履きではなく、スニーカーなどの動きやすい履物で脚立やはしごを利用します。転落防止の為に、補助者を必ず頼みましょう。

 

大きいゴミの除去

まずはトングなどを使って、雨樋の中に落ちている大きなゴミや落ち葉を取り除きましょう。

 

次工程で細かくゴミを取るので、おおまかに取っていく感じでもOKです。

 

小さいゴミの除去

次に小さなゴミや土埃を取り除きます。放棄やブラシなどを使って雨樋の中を掃くような感じで行います。

 

もし、泥状に雨樋の中で落ち葉やゴミが為っている様であれば、スコップなどで泥を掻き出しますが、雨樋を破損しない様に丁寧に取り除きましょう。

 

流水で雨樋を流す

ゴミを取り除いたらホースを使って雨樋に水を流します。

 

ワイヤーブラシを使えば、手の届きにくい雨樋の内部まで掃除する事ができます。

流水が綺麗になったら雨樋内部の清掃は終わりです。

 

ゴミが入らない様にする

最後に綺麗になった雨樋に、再びゴミが入らない様に雨樋ネットや落ち葉よけシートを設置します。

 

雨樋ネットは網目が大きい場合にはゴミを通しやすく、完全に落ち葉やゴミを防げるわけではありません。また落ち葉除けシートは細い枝や土埃もブロックする事ができます。

 

一般住宅街では雨樋ネットでも十分ですが、木々が多い環境では落ち葉よけシートの方が高い効果を発揮します。

 

自分で雨樋の掃除する限界

雨樋の掃除は、平屋の住宅等では脚立やはしごを使って安全に気をつければ、プロでなくとも道具を使って掃除をすることができます。

 

しかし、2階や3階立ての住宅では足場を使用しなくてはならず、専門の業者による清掃でなければ非常に危険です。

 

このような場合には無理やり清掃を行わず業者に依頼しましょう。

 

業者に雨樋清掃を依頼する

ここでは業者に依頼する場合について解説しています。

業者イメージ画像

専門の業者では専用の機具や高圧洗浄機を利用して作業を行います。

また、安全対策や状況に応じての対応等、個人では出来ない清掃作業を行います。

 

どんな場合に業者に依頼するか?

清掃を行う雨樋が、2階や3階にある場合には足場を組み上げて清掃を行う方が、安全性や作業効率においても非常に有効です。

 

また建物が大きく、清掃を行う雨樋の長さや箇所が多い場合には、けして無理をせず専門業者に依頼しましょう。

 

どの業者にお願いするか?

清掃を依頼するには、工務店や屋根関連を専門に行う業者がありますが、家屋の清掃を専門に行う業者でも清掃を行ってくれます。

 

業者に依頼したときにかかる費用

雨樋の清掃のみなら、専門の業者に依頼した場合数千円から3万円程度で行ってくれます。

 

これから雨樋の修理などを行うと1カ所につき平均五千円程度です。

雨樋の状態が酷く、交換が必要な場合には10万円から30万円程になり、足場などの諸経費を加えると全部を交換すると40万円から50万円程になります。

 

失敗しない業者選び

現在様々な清掃業者が活躍しているので、建築や屋根の専門業者でなくても雨樋の清掃は可能です。

 

しかし、悪質な業者も存在する事も確かですし、納得のいく作業をしてもらえないといった事もあります。

ここでは、失敗しない業者選びのアドバイスをしております。業者選びの参考にご活用ください。

 

相見積もりを取る

相見積もりを取りことで、雨樋の清掃の平均的な相場を知ることができます。

相見積もりイメージ画像

さらに足場が必要な場合には、業者によっては自前で足場を用意できるところもあるので、このような場合には費用が安い場合があります。

 

雨樋の清掃は、1年に2回くらいの定期的なメンテナンスが必要ですので、しっかりと費用を把握しておけば悪質な業者に料金を上乗せされる心配も少なくなります。

 

業者選びサイトは自分に合ったものを活用する

最近非常に多いのが業者選びサイトです。

 

複数社の中から、要望に合わせて相見積もりが取れるので大変便利なのですが、お住まいの地域の価格帯に合っていない事があります。

 

例えば、都会で作業を行う場合にはただ単に清掃を行うだけでなく、近隣への配慮や特殊な道具を使用しなければ、清掃できない場合があります。

 

その為、都会などではメンテナンス費用が高い傾向があります。

 

その状況を地方に当てはめて考えれば、必要のない作業になります。

 

作業内容やどのような工程を行うのかを知るには参考になりますが、メンテナンスを依頼するのであればお住まいの地域の専門者の方が、その地域適正価格でサービスを提供している場合がほとんどです。

 

そのため、あらかじめ自分の住んでいる地域に近い専門業者を紹介してもらうよう伝達するのがベストです。

気になる業者は自分で確認する

インターネット検索で気になる専門業者があった場合には、できるだけ自分で調べるようにしましょう。

 

ご自宅の近くの業者であれば、直接会社を訪ねて見るのもひとつの方法です。

 

ネットには載っていない施工実績や実例の資料等も確認できます。

 

また、直接会う事で経営者の人柄や社員の様子も把握できます。

 

せっかく綺麗にメンテナンスしてもらう訳ですから、お互いに気持ちよく納得した上でメンテナンスをしてもらいましょう。

 

見積もりの内容をよく確認する

見積書の内容が細かく記載されている業者を選ぶようにしましょう。

 

よくある見積書で「○×一式」という項目で請求される場合があります。

 

一式というのは業者にとっては都合の良い文言です。

このような見積書を提示されたら「一式の内容を教えてください」と言いましょう。

 

その質問に対して、丁寧に答えてくれる業者は優良な業者といえますが、渋々提示したり断ったりする業者は一式の中に上乗せしている可能性があるので、その業者に依頼することはやめましょう。

 

高所作業での注意点

雨樋の掃除は高所作業になります。

 

これまでも高所作業については補助者を頼むなど決して一人で作業を行わない様に記事の中でも説明してきました。

 

それは、高所作業は大変危険だからです。

 

建設現場においても、高所からの転落や墜落事故は後を絶ちません。どんなに注意しても、安全対策を行っていても事故は起きてしまいます。

 

それだけに、高所での作業は常に危険と隣り合わせなのです。

 

自宅の雨樋の掃除だからと軽く考えてはいけません。

脚立からの転落や屋根からの転落といったリスクは至る所にあることを心に留めておきましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?雨樋は実は大切な役割を果たしていること、放っておくと建物に影響を与えてしまう事がご理解できたかと思います。

 

雨樋の清掃は、しっかりと安全対策を行えば専門の業者でなくとも自分で出来てしまいます。

 

しかし、高所での作業はどんなに安全対策を講じても起きてしまいます。少しでも不安があるのであれば決して無理をせずに、専門業者に依頼をしましょう

新着の記事

人気の記事


屋根の貼り替えコラム一覧へ戻る