屋根材別の屋根の葺き替え・カバー工法にかかる相場をご紹介 | 葺き替え費用の内訳や注意点も

~いざという時の備えに~外壁塗装コラム

TOP >> 外壁塗装コラム >> 屋根の貼り替え >> 屋根材別の屋根の葺き替え・カバー工法にかかる相場をご紹介 | 葺き替え費用の内訳や注意点も
キーワードからコラムを探す
Bg_column-header
外壁塗装 無料相談Q&A

過去の「質問と回答」から検索する


外壁塗装に関する相談を匿名で投稿する

Btn-post ※専門家からの回答は
 約2営業日前後で投稿されます
外壁塗装コラム

屋根材別の屋根の葺き替え・カバー工法にかかる相場をご紹介 | 葺き替え費用の内訳や注意点も

Pixta_5579784_s_(2)

経年による老朽化が進んできた建物の屋根を、お金をかけずに補修したいときによく使用されるのが屋根の「カバー工法(重ね張り)」です。

 

しかし、屋根の劣化状況によっては「葺き替え」という屋根材自体を貼りかえる大規模な修繕が必要なこともあります。

 

今回は、屋根材別のカバー工法(重ね張り)と葺き替え、費用について詳しくご紹介します。

 

屋根材別の葺き替え・カバー工法(重ね貼り)にかかる費用相場

今回は、ガルバリウム、トタン、スレート(コロニアル)という3種類の屋根材について、葺き替え・カバー工法(重ね張り)の費用相場を見ていきます。

 

葺き替えとは、現存の屋根材を廃棄して新しく屋根工事をすることで、カバー工法は、今ある屋根を残して上から新しい屋根材を張ることです。

 

大体の相場を比較すると、葺き替えは工事工程が多い分、費用がかさみます。

 

また、重量が重い屋根材への葺き替えは耐震性が低くなるため不可能といった難点があります。

 

一方、カバー工法は費用を抑えられる分、過度に傷みがある屋根や重量が重い屋根材の重ね貼りは施工できないなど条件があります。

屋根材毎の葺き替えとカバー工法にかかる費用

詳しく見ていきましょう。

 

ガルバリウム

ガルバリウムのイメージ画像

ガルバリウムは「軽量」で「機能性」を持った屋根材です。

ガルバリウムの特徴

例えば、日本瓦では坪150kgの負荷がかかるところを、ガルバリウムなら坪17kgと軽量化でき、建物の耐震性を高めてくれます。

 

軽くて機能的なガルバリウムの屋根材を葺くのにかかる費用相場をご紹介します。

 

葺き替えにかかる費用

ガルバリウムへの葺き替えにかかる費用相場は、屋根の勾配や面積にもよりますが、広さ100㎡の概算で1,400,000円+諸費用です。

 

ガルバリウムには、

 

  • 横葺き(横長になるため継ぎ目ができる)
  • 縦葺き(板金工が加工して、それぞれの住宅に合った適正な屋根材にする)
  • 断熱材の有無(暑さ・寒さを防ぐ加工)

 

などの種類があり、住宅に合ったものを使用することで、適正な強度と耐用性が出ます。

 

カバー工法にかかる費用

カバー工法は葺き替えに比べて安易で、費用を抑えられるのが特徴です。

 

100㎡(30坪)の概算で900,000~1,500,000円ほどかかります。

 

カバー工法は、屋根の傷みが少ないなど「そのままにしておいても耐久性が保持できる場合のみ」施工可能で、費用が安く済んでもリスクが高いのがデメリットです。

 

事前に調査を依頼し、信頼できる場合のみ検討しましょう。

 

トタン屋根

傷みやすいトタン屋根は、適正な施工ができる業者に依頼しないとかえって状態を悪くしてしまうこともしばしばあります。

トタン屋根イメージ画像

 

失敗しない業者選びのためにも、費用相場を把握しておきましょう。

 

葺き替えにかかる費用

トタン屋根に葺き替える場合の費用は、おおよそトタン塗装の倍と言われ、800,000~1,600,000円ほどが相場です。

 

トタンは安価で施工できる分、メンテナンスにコストがかかるので、長期的目線で見たときの価格と比較検討することが大切です。

 

カバー工法にかかる費用

100㎡(30坪)のトタン屋根にかかるカバー工法の費用は、400,000円ほどと言われます。

 

トタンによるカバー工法はあくまで「既存の屋根を残したまま」問題なく耐久性が得られる場合のみに行う工事で、傷みや損傷が見られる際には慎重な判断が必要とされます。

 

スレート(コロニアル)屋根

スレート屋根には天然の石を使用したものもありますが、現在普及しているのはセメントに繊維素材を使用した「化粧スレート」が一般的です。

 

スレート屋根のイメージ画像

スレート屋根の設置作業で2006年まで使用されていた石綿(アスベスト)は現在、使用中止になっているため、葺き替えやカバー工法での健康被害の恐れはありません。

 

2006年以前にスレート屋根を設置した方はアスベスト除去作業が必要となるため、業者に必ずその旨を伝えるようにしましょう。

 

それではスレート屋根に葺き替え・カバー工法を考える方向けに費用相場をご紹介します。

 

葺き替えにかかる費用

スレート屋根への葺き替えは、日本瓦からの葺き替えで採用されています。

 

費用相場は、100㎡(30坪)の広さで960,000~1,650,000円に諸経費などが上乗せされます。

 

一度カバー工法をしている場合には、必ず葺き替えになるので注意が必要です。

 

カバー工法にかかる費用

カバー工法でスレート(コロニアル)屋根を施工する場合の費用相場は、1,000,000円ほどが目安です。

 

既存の屋根にスレートのカバー工法を採用する場合、施工できる屋根材とできない屋根材があり、注意が必要です。

 

スレート屋根は重量が軽いため、重量が重い屋根材を重ね貼りすると耐震性が低くなり、重ね貼りした屋根材が落ちやすくなるからです。

 

例えば瓦屋根等を重ね貼りする場合には注意が必要です。

 

業者によって価格や工事内容に変化が出ますが、瓦業者に依頼するとスレートへのカバー工法を嫌い、自社でできるアスファルトシングルへのカバー工法をすすめる場合があります。

 

屋根をふき替える際に注意すべき点

屋根の葺き替えと言っても、それぞれの屋根材、施工業者によって手法が異なるなど、注意しなければならないことがあります。

 

屋根材毎に施工方法が異なる

屋根材の種類が違えば施工方法が異なり、また業者間でも違いが見られます。

 

業者が専門としていない素材の屋根材を使って施工する場合、施工不良やトラブルが出る原因になりますので、注意が必要です。

 

必ず、施工実績を確認した上で業者選びを行うようにしましょう。

 

屋根材毎に扱う業者が違う

屋根材とひとくくりに言っても、瓦や金属など、さまざまな素材があるため、扱う業者が違います。

 

瓦を扱う業者は金属屋根の施工ができませんし、金属を扱う板金工は瓦を葺けません。

 

依頼する業者を間違えると必要のない葺き替えをすすめられる

瓦屋根の工事業者は金属系屋根の施工技術がないため、金属屋根の専門業者である板金工との競合を避け、自社で工事を請け負える方向にすすめてきます。

瓦屋根業者が無理やり葺き替え工事を勧める理由

金属屋根は近年流行していて人気があることから、瓦業者は劣勢にあります。

 

そのため瓦屋根の工事業者とコンタクトを取ると、金属屋根ではなく、自社で施工可能なスレート屋根への葺き替えをすすめてくることが多いのです。

 

既存の屋根材より重量が重い屋根材には葺き替えできない

屋根の工事をするにあたって重要なのが、屋根材の重さです。

葺き替えが出来ない屋根材がある理由

各屋根材の重さとして、瓦>スレート>金属と、瓦が最も重く、金属が軽量になります。

例えば既存の屋根材がスレートの場合、より重量が増す「瓦」への葺き替えは構造上できませんが、「ガルバリウム」など軽量な金属屋根への葺き替えは可能です。

 

また、耐震性を考える際、屋根が重いと建物の強度は低くなるため、重量があるほど工事の条件が厳しくなり、費用も多くかかってきます。

 

屋根にカバー工法を行う際に注意すべき点

カバー工法で屋根の工事を行う際、施工主の知識量により、業者に利用される可能性が出てくるので注意が必要です。

 

金属屋根への葺き替えの場合は板金業者と繋がりのない塗装会社に注意

金属屋根は「板金工」が施工します。

 

屋根の塗装ができるからと言って、必ずしも屋根や建物に詳しいというわけではなく、各業者とのつながりの有無で、業者の言うことは変わってきます。

 

塗装ができても板金工とのつながりがなければ他の素材での葺き替えを勧めてきますし、専門家のように当然のごとく言ってくるので注意しましょう。

 

火災保険を利用した葺き替えを勧めてくる悪徳業者に注意

火災保険を使って工事をすることは近年、得策のようにして言われがちですが、申請や調査など、実際には多くの労力を要し、審査基準も厳しいものです。

 

安易に「火災保険で直せる」と言って高い見積もりを提示する業者には注意が必要です。

 

太陽光パネル設置業者に注意

太陽光パネルの設置業者と屋根の工事は別物で、素人同然の知識で営業をしてくることも多いです。

 

太陽光パネルを設置した後に雨漏りなどの被害が出て、修理するのに手間取ったというケースもあります。

 

太陽光パネルを設置するついでに屋根のことも見てもらおう、と思っている方は特に注意しましょう。

 

屋根の葺き替えにかかる費用の内訳

屋根を葺き替えるのにかかる費用について、詳しくご紹介していきます。

 

屋根材本体にかかる費用

屋根材そのものの価格を見ていくと、機能性のあるガルバリウムが最も高く、トタンが一番安価で用いやすいことがわかります。

 

 

ガルバリウム

 

 

5,500~7,500円/㎡

 

トタン

 

 

4,500円/㎡

 

スレート

 

 

4,000~5,000円/㎡

 

 

既存の屋根材の撤去費用

既存の屋根材を撤去する費用は、2,000~3,000円/㎡で、100㎡(30坪)と仮定した場合、300,000円ほどかかります。

 

下地補修にかかる費用

下地の補修にかかるのは2,000~3,500円/㎡程度です。

表から見えない下地材ですが、下地の補修はとても大事な部分です。

 

安く抑えるために傷んだまま工事をし、後々メンテナンス代が高く付くことも珍しくありません。

 

防水シートの設置にかかる費用

ルーフィングとも言われる防水シートを設置するのにかかるのは、500~1,000円/㎡ほどです。

 

近年台風等で防水シートの設置に20万円程度の高額見積もりを出す悪徳業者が多発しています。

業者がいないからと言って、安易に業者を決めずに適切な業者を信頼できる方法で選ぶことを重視しましょう。

 

足場設置にかかる費用

足場が必要な場合は、600~1,500円/㎡ほど見積もっておくと良いでしょう。

 

足場は安全に作業をするために必要な部分ですので、足場が必要なときはきちんと費用をかけることが大切です。

 

屋根の葺き替えを行う際の失敗しない業者の選び方

屋根の葺き替えを考えるときに業者選びで失敗しないためには5つのポイントがあります。

 

予備知識をもって業者選びをすることで、きちんとした施工ができます。

 

ガルバリウムへの葺き替えは板金業者の中から業者を選ぶ

ガルバリウムは金属なので、「板金工」が専門として工事を行います。

 

屋根の葺き替えと言ってもさまざまな屋根材があり、専門性も分かれています。

 

金属屋根の施工を希望される場合は、瓦業者でも塗装業者でもなく、板金工を探すことで、無知な他ジャンルの業者が粗悪な工事をするなどのトラブルが防げます。

 

葺き替え予定の屋根材への葺き替え実績がある業者を選ぶ

屋根の葺き替えをする際には、希望の屋根材に詳しいところや、葺き替え実績のある業者を選びましょう。

 

実績がないけどできます!という業者はどんな仕事をするかわからないので、信用できません。

 

可能であれば地元の業者から選ぶ

地元で活動している業者は、その地域に必要なものや工事の仕方などを把握して作業をしています。

 

地域に根ざした業者を選ぶことで、後々トラブルになるのを避けられるので、できれば近隣の業者に工事を依頼しましょう。

 

大手業者に依頼しない

大手業者に頼むと、該当地域の下請け業者が作業を担当するため、中間マージンが発生し、結果的に費用が割高になり、トラブルの際不明瞭な部分が出てきて苦労することがあります。

屋根の補修を大手に依頼しない方が良い理由

地元で元請けで工事を請け負ってくれる業者が無駄な費用を抑えることができ、さらに何か問題が起こった時にすぐに駆け付けてくれるのでベストです。

 

複数業者で相見積もりを取る

屋根の葺き替えを考えるとき、1社だけの見積もりでは判断がつきません。

複数業者での見積りイメージ画像

複数の業者にまとめて見積もりを取ることで、費用の比較ができ、相場価格が見えてきます。

 

安すぎる手抜き工事やぼったくりの被害に合わないよう、面倒でも複数見積もりをとることが大切です。

 

まとめ

今回は屋根の葺き替え、カバー工法や各工事の費用相場についてご紹介しました。

 

ガルバリウム屋根を葺けるのは板金工のみで、きちんと施工してくれる業者は少数だということや、屋根工事は失敗することが多い工事だということがわかり、慎重に業者を選ぶ必要があることがわかりました。

 

失敗しない屋根工事をするには、事前の見積もりや下調べが必須です。

面倒でもしっかり調べて業者を決めましょう。

新着の記事

人気の記事


屋根の貼り替えコラム一覧へ戻る