外壁塗装の色選びガイド|人気色や失敗しない配色のコツ

~いざという時の備えに~外壁塗装コラム

TOP >> 外壁塗装コラム >> 外壁の塗装 >> 外壁塗装の色選びガイド|人気色や失敗しない配色のコツ
キーワードからコラムを探す
Bg_column-header
外壁塗装 無料相談Q&A

過去の「質問と回答」から検索する


外壁塗装に関する相談を匿名で投稿する

Btn-post ※専門家からの回答は
 約2営業日前後で投稿されます
外壁塗装コラム
2016.11.22

外壁塗装の色選びガイド|人気色や失敗しない配色のコツ

Roof

外壁塗装の業者を決めた後に大きな悩みとなるのが、外壁色の選定です。使用する塗料の色見本帳やカタログなど、小さなサンプルから大きな壁に塗ったときのイメージをするのは難しく、出来上がってみなければ分からない状態で色を決めなければならないのが悩みになるケースは珍しくありません。
 
イメージ通りに仕上がれば問題ありませんが、出来上がりを見てイメージと違ってしまっては取り返しがつきません。今回は、失敗しない外壁塗装の色選びについて、人気色や配色のコツとともにご紹介いたします。
 


【目次】
外壁塗装の色についての基礎知識
色の分類
色の見え方

外壁塗装の色選びのセオリーとは
最も注意するのが面積効果
サッシとドアとのマッチング
家の付帯部の色選びのコツ

絶対に失敗しない外壁塗装の色選びのコツ
落ち着いた色を選ぶ
近隣の家や街並みを見回ってから選ぶ
実際の塗料を塗った現場を見せてもらう
色見本は必ずしも正確ではないことに注意
試し塗りをしてもらう
中塗り後に見え方を確認する

外壁塗装におけるツートンカラーのコツ
色を分けるポイント
色量のバランス
お勧めのツートンカラーの組み合わせ

風水による一風変わった色選び
人気の外壁色ランキング
まとめ
 
 
 

外壁塗装の色についての基礎知識

外壁塗装の色を考える上で、色についての基礎知識は必要不可欠です。色は様々な要因によって見え方が大きく変わるため、選ぶ際には太陽光による影響や塗る面積の大小、下地の素材、周辺の景観などを考慮する必要があります。

ここでは、外壁塗装の色についての基礎知識をまとめてみました。
 

色の分類

色は、「有彩色」と「無彩色」に分類され、有彩色とは赤・青・黄など色味を持った全ての色のことをいい、無彩色は白・黒・灰色など色味を持たない色のことをいいます。有彩色は色の三属性(色相・彩度・明度)を使って表し、無彩色は明度(明るさ・暗さ)のみで表すことになります。
 

トーンとは

トーンとは、明るい・暗い・鮮やか・くすんだなどの色の調子(色調)に、明度と彩度の両方を組み合わせ、直感的に色の印象を表したもののことを言います。
 

色の見え方

色は、同じ面積でも大きさによって見え方が違うほか、下記のような見え方の違いがあります。
 

太陽光線による色褪せ

酸性雨や空気中の煤煙や塵・埃等が要因となり、塗料が酸化し次第に色褪せてきますが、太陽光の紫外線によっても、塗料との化学反応で色褪せが起きます。したがって、塗装後の色を長く楽しむためには、紫外線に弱い原色に近い色を選ぶのは避けるのが無難です。
 

汚れの目立ちやすさ

明るい色は、明度や彩度を落とした落ち着いた色に比べて、コケやカビ、雨染みなどの汚れが目立ちやすい傾向があります。そして、非常に綺麗に見える白や黒は、実は汚れが目立ちやすい色として外壁にはあまり向いていません。

一般住宅の外壁は経年劣化とともに確実に汚れがついてしまううえ、塗装の力が失われつつある時期の方が長いので、汚れが目立ちにくい色を選ぶのが良いでしょう。

また、真っ赤・真っ青などの原色系の色に関しては、経年劣化で色が薄くなっていくことを考慮しなければなりません。色が薄くなっていくと、どうしても古びた感じに見えてしまい、原色系の色はその傾向が顕著に表れます。
 

艶について

塗料で表現できるのは色だけでなく、艶(光沢)によっても見え方が変わります。塗料には艶があり、艶の種類は、70%以上の光沢度の艶有り、それより光沢の低い7分艶、5分艶(半艶)、3分艶、艶消し(艶なし)の5種類が一般的です。

光沢度が5分艶(半艶)の場合、色ムラが目立ちやすいため、色ムラ対策としては7分以上の艶あり塗料を選ぶか、艶消し塗料を選ぶのが良いでしょう。ただし、艶なし(艶消し)塗料の場合は耐久性が艶ありに比べて低いため、耐候性の良い樹脂塗料などを選ぶのがお勧めです。
 

塗料の意匠性や素地の材質感

色や艶の他に、仕上げパターンにも幅広い表現力があります。材質や模様のパターンによって同じ色でも見え方が違ってくるので、テクスチャや模様塗りを考える際には注意しましょう。
 

光による見え方の違い

家の中で蛍光灯を付けている場所と、日光が降り注ぐ場所では色の見え方が違います。また、晴れた日の建物の北面と南面でも、降り注ぐ太陽光の違いにより色は違って見えてしまいます。

時間によっても太陽光線の色が変わり、色の見え方が違いますから、日中の建物の正面(=見られることが多い外壁面)を基準に色を選ぶのが良いでしょう。
 

街並みとの調和

街並みに調和する色選びも重要で、様々な色彩が雑然と入り乱れている状態は景観を損ねるため、住みやすい環境とは言いがたいものです。外壁色に悩んでいる場合、周辺の色彩を調べて、違和感のない色選びをすると良いかと思います。
 
 

外壁塗装の色選びのセオリーとは

洋服の色と違い、外壁の色はそう簡単に変えられるものではないため、色選びは慎重に行う必要があります。とはいえ具体的にどのようなことに気をつければ良いのかは漠然としており、よく分からない方も多いのではないでしょうか。

ここでは、外壁塗装の色選びのセオリーをご紹介いたします。
 

最も注意するのが面積効果

面積効果とは、全く同じ色でも面積の大小による色の見え方の違いのことを言います。面積効果によって、小さい面積であれば暗く見え(低明度に感じられます)、大きな面積では明るく見える(明度と彩度が高く感じられます)という特徴があります。

したがって、少し濃いめの色を選んでおくと、最終的に広い面積に塗ったときに明るく見えるので、イメージに近い色を選ぶことができるといえます。
 

サッシとドアとのマッチング

サッシ枠や玄関ドアは、それ自体がアルミで塗装できない場合がほとんどです。このため、外壁塗装では既存の色=変えられない部分の色とのマッチングを考えることがポイントになります。

具体的には、①サッシなどに上手く合う色を選ぶか、②建物の形状を活かしてアクセントになる色を選ぶのが良いでしょう。
 

①サッシなどにうまく合う色を選ぶ

通常、サッシの色は白・黒・ブロンズのどれかに統一されていることが多いのですが、白や黒の場合は無彩色のためある程度どんな色を選んでも合うのに対し、ブロンズの場合は焦げ茶色など同系色から選ぶと綺麗にまとまります。
 

②建物の形状を活かしてアクセントになる色を選ぶ

例えば基本的な外壁をベージュにして、ベランダなど飛び出ている部分は焦げ茶にするなど、建物の凸凹を活かしてアクセントを入れるのもお洒落にまとまります。
 

家の付帯部の色選びのコツ

外壁や屋根以外の部分である軒天・破風板・雨樋・ひさしなどを付帯部と言いますが、この部分にも気を遣わないと統一感や調和が損なわれる原因となります。
 

①軒天は白か薄めの色

軒天とは、軒下・軒天井のことをいいますが、他の部分との兼ね合いにもよるものの、軒天は白か、外壁よりも薄い色にしておくのがセオリーです。上から太陽光が当たるため、軒天は基本的に影になってしまい、他のところより少し暗く見えることになります。

屋根と付帯部を全て真っ黒にする方もいますが、そうすると屋根が全部黒く見えてしまうため、立体感が感じられなくなってしまいます。好みの問題と言えばそれまでですが、立体感を損ないたくない場合は白や外壁よりも薄い色を選ぶのが無難でしょう。
 

②雨樋はサッシか外壁と同じ色

雨樋をアクセントに使うのも良いのですが、基本的には外壁と同系色で溶け込ませるのが無難です。ただし、白に塗ってしまうと劣化や汚れが目立つので、注意が必要ともいえます。
 

③ひさしは屋根と同じ色

ひさしは端から見ると屋根のようなものなので、屋根と色を揃えると統一感が出てお勧めですが、屋根でなくサッシの色と合わせても綺麗です。
 

④雨戸はサッシと同じ色

雨戸は、窓などのサッシと同じような色合いにすると統一感が出ます。
 

⑤破風板・鼻隠しは屋根に合わせる

破風板・鼻隠しに関しては、屋根の色に合わせるのが立体感も出るのでセオリーと言えますが、あえて外壁とも屋根とも違う色を入れて、アクセントカラーにする場合もあります。
 
 

絶対に失敗しない外壁塗装の色選びのコツ

それでは、実際に外壁塗装の色選びをする際に、失敗しないコツは何なのでしょうか。基本的なセオリーは前述のとおりですが、どうせなら好きな色を選んで外壁塗装を行いたいのが本音かと思います。そこで、見落としがちな注意点と絶対に失敗しないコツを整理してみました。
 

落ち着いた色を選ぶ

家の外壁色を決めるとき、まず参考になるのが住宅メーカーなどに置いてある「外壁サンプル」で、小さなサイズではあるものの、仕上がったときの実際の質感や色合いを確認できるため非常に便利です。外壁サンプルは、必ず外壁と同じ環境条件にある屋外で見るのが大切で、ポイントとしては少し暗めの色を選ぶのがコツになります。
 
壁の模様や光の当たり方、季節の日差しの違いや周囲の色などによって、同じ色でも全く違って見えることがあるので、塗装の艶の度合いや質感なども一緒に確認しておきましょう。派手な色、奇抜な色、個性的な色を選びたい方もいるでしょうが、基本的に家の色は落ち着いた色の方が周りの風景に溶け込み、悪目立ちしません。
 
したがって、自然を引き立たせる色や親しみやすい色味、控えめの鮮やかさを意識すると失敗が少なく済みます。
 

近隣の家や街並みを見回ってから選ぶ

色選びの最初から○○色!と決めるのではなく、○○系のような感じで少しぼかしながら色の雰囲気をイメージするのが良いでしょう。イメージした色を意識しながら家の周辺を散歩したり、市町村の景観ガイドラインの有無を確認して、自分の家に合った系統を探すのがポイントです。
 
地域の家を見て回るときに大事なのが、晴れの日・曇りの日にも気を遣うということで、家は天気によって様々な見え方をするので、この点も考慮しておくのが良いでしょう。また、それだけでなく朝昼夜といった時間帯も気にして見てみるのがお勧めです。
 
なお、周囲に木々などの植物がある場合は、植物の葉よりも抑えた色で緑を引き立たせるようにすると、すっきりとした印象になりその環境に馴染みやすくなります。
 

実際の塗料を塗った現場を見せてもらう

色見本やメーカーのカラーサンプル等で、良いと思える色が合った場合は、実際にその色を塗っている現場に連れて行ってもらえると間違いがありません。このとき見せるのを渋る業者であれば、それは注意が必要な業者として警戒しても良いかと思います。というのも、既に塗装済みの現場はその業者の実績でもあるため、やましいことがある場合は見せるのを渋る傾向にあるからです。
 
また、個人情報が云々といって渋る業者の場合は、見せてくれる他の業者に頼むのも良いでしょう。本当に個人情報を重視している業者もある一方、現場にやましい気持ちがあるため渋る業者も存在していますので、少し注意してみて損はないかと思います。
 
もし現場を見せてもらえる場合は、どれくらい前に塗装したのか、汚れや塗料の飛び散りがないか、色褪せがないか、期待耐用年数の割に劣化していないか、塗りムラ・塗り残しがないかといった点をチェックしましょう。
 

色見本は必ずしも正確ではないことに注意

外壁塗装の色選びをする際、日本塗料工業界の発光した色見本帳を使う業者が多いのですが、発行年度や版によって微妙に色が違う場合があることや、外壁色にふさわしくない色や色褪せしやすい色なども載っているので注意が必要です。そのため、流行り廃れに敏感とは必ずしも言えないのですが、塗料メーカーのカラーサンプルを参考に選ぶと大きな失敗は避けられるかと思います。
 
そして、具体的に「この色が良い」という色を数種類まで絞ることができたら、塗装店にお願いして大きいサイズ(A4以上)の色見本を作ってもらうのが大切です。メーカーが作成してくれる場合もあり少々時間がかかることもありますが、小さい面積よりも大きい面積で見た方が良いので、必ず行っておくべきでしょう。
 
このとき、大きめサイズの色見本を作ってくれない・取り寄せてくれない業者や、大きい色見本が有料の業者は選択肢から外して他の業者にお願いすることで、施工後のトラブルを回避できる可能性が上がります。
 
大きめサイズの色見本をもらった後は、実際にそれを屋外の家の壁に貼ってみて、全体がその色だった場合を想像しましょう。四方の面によって光の当たり加減が違うのであれば、四面とも確認し、細かいくぼみ等がある場合も確認しましょう。そして、必ず一昼夜は確認作業を行い、色味の変わり方を今後10年間は最低でも許容できるかどうかを判断するのがお勧めです。
 

試し塗りをしてもらう

大きめの色見本で色を決めることができたら、次は試し塗りをしてもらいましょう。試し塗り(試験塗り)とは、実際にあなたの家の壁に候補の塗料を塗る作業になりますから、施工を依頼する業者を決めてからでないと難しいです。
 
試し塗りは1㎡以上の大きめの範囲でないと判断ができないため、きちんとその旨を伝え、またそこでも一昼夜以上(できれば天気が良い日・悪い日を含めて)確認をしましょう。こうすることで実際に塗られた外壁がどう見えるのかを、本当の意味で確認することができるのです。
 

中塗り後に見え方を確認する

外壁は、下塗り→中塗り→上塗りというように、基本的には下塗り後に上塗り塗料を2回塗る工程になります。
 
そのため、中塗りを終えた後に飛散防止シートを一度外してもらって中を確認する方法もあります。ただし、シートを外す手間があるので別料金がかかることと、それを想定していないと工事内容が変わってしまうかもしれないので、中塗り後にチェックをしたい場合は施工前に業者に伝えておくのが無難です。
 
また、業者によっては中塗り後の確認をさせてくれない場合もありますから、どうしても色で後悔したくない場合以外は、費用対効果を考慮したうえでこの方法を考えるのが良いでしょう。
 
中塗り後に色の見え方を確認するメリットとしては、どうしても気に入らなければ上塗り塗料を別な色に変えてもらうことができるということが挙げられますが、同じ塗料の色違いである必要がありますし、中塗りの色が濃くて上塗りの色が薄い場合は色味が変わってしまうため、よく注意しましょう。

 

外壁塗装におけるツートンカラーのコツ

最近は外壁の色が1色だけでない色を見かけることも増えてきましたが、ツートンカラーの外壁にする際には、いくつかの注意点があります。
ここでは、ツートンカラーの上手な色選びや組み合わせ方、バランスの取り方についてまとめてみました。
 

色を分けるポイント

ツートンの外壁にする場合、重要なのが色を分けるポイントです。オーソドックスな分け方としては1階部分と2階部分で外壁の色を変える「上下で分ける」パターンですが、最近はベランダやバルコニーなどの「出っ張ってる部分だけ色を変える」というパターンも多く使われています。
 

色量のバランス

ツートンカラーの場合、5:5ではなく6:4か7:3で色の割合を決めるのがポイントで、上下に塗り分ける場合には、下を濃い色にすると落ち着いた感じが出ます。

サッシや玄関ドアなどが占める色の分量は意外と多いため、アクセントカラーとしての存在感がありますから、これらを含めた家全体の色数と色量で全体のバランスを取るのがポイントです。
また、二色の境目にもう一色アクセントカラーを入れる場合があります。

1番多い色をベースカラー、もう一色をアソートカラー、1番少ない差し色をアクセントカラーと呼びますが、多く選んだとしても三色までが限度で、それ以上色を増やしてしまうと統一感のない家になってしまうのでご注意ください。
 

お勧めのツートンカラーの組み合わせ

ツートンカラーの場合、調和の取れた同系色で選ぶ(例:クリーム色とクリーム色を少し薄くした色とのツートンなど)か、彩度が同じ色の組み合わせ(例:同じような薄さのクリーム色と薄緑色とのツートンなど)が良いと言われています。

したがって、微妙に違う2色を組み合わせてしまうと、色を継ぎ足したように見えたりぼやけた感じになってしまうので、避けるのが無難です。

なお、赤と青のように全く違う色を選ぶと、奇抜なカラーリングとして見る側に不快感を与えてしまいますし、景観ガイドラインがある市区町村ではそれに違反する可能性もありますから、事前に役場などで確認するのを忘れないようにするのも大切です。
 
 

風水による一風変わった色選び

風水学的に色には様々な特徴があり、縁起が良い色を選ぶ方も増えています。

特徴

その他の効果

オフホワイト・ベージュ・白

愛情面が豊かで仕事熱心になれる

家を大きく見せる効果があり、サッシの色を選ばないため洋風でも和風でもオーソドックスにまとめやすい

茶色系のサンセットカラー

家庭面での安定と安心で元気に暮らせる

黒よりも優しいイメージでしっかり主張してくれ、安心感がある

ライムグリーン

家庭運・不動産運がアップする(再生と復活を意味する色)

グリーン系の外壁は彩度と明度を調整してくれるため、クラシックな洋館風から明るく元気な洋風、シックな和風まで様々なスタイルに使える

アイスブルー

技術職や接客などのビジネスに強い(勤勉さ・若さ・発展を意味する色)

ブルー系の外壁は明るく華のある雰囲気を作ってくれ、白や黒のサッシに合う
※ただし淡いブルーは仕上がってみると真っ白に見えやすく、汚れが目立ちやすい色になるため、濃いめや暗めのブルーを選ぶのがコツ

レモン色

接客業や顧客管理などに縁が深い(金運アップ効果あり)

イエローの外壁は白やシルバーのサッシに特に合う

マンゴー色

元気と行動力を意味する

個性的でありながら品良くまとめることができるため、洋風の家に適している

これらの色は決して派手なものばかりでなく、落ち着いて使える色ばかりなので、外壁色に風水を取り入れてみるのも良いかもしれませんね。
 
 

人気の外壁色ランキング

戸建て住宅に住む人たちの間で、現在人気のある外壁色ベスト3は下記のとおりです。
 

1位:ベージュ

暖かく優しい色合いが持ち味のベージュは、住む人の年齢や性別を一切選ばないため、とても使いやすい色として人気です。落ち着いた雰囲気にしたい場合は濃いめのベージュを選べば間違いないでしょう。
 

2位:焦げ茶色

濃いブラウンは黒よりも優しいイメージながらしっかりと主張してくれるので、焦げ茶色一色での塗装の他、ベージュなどと合わせてツートンカラーで使う方も増えています。

シンプルでナチュラルなテイストや、モダンな雰囲気を出すのに、とても人気の高い色となっています。
 

3位:グレー

濃淡を調節することで白・黒・ブロンズ系どのサッシにも合わせやすく、モダンな雰囲気を出すことができ、かつ汚れの目立ちにくいグレーも人気です。

ただし、グレーでも薄いグレーは汚れた白に見えることがあるので注意が必要で、特にモルタル面の塗装の場合には、試し塗りをして見え方を確認するのが大切です。

お洒落にまとめるポイントとしては、濃いめのグレーを選んでハッキリと色を主張させるか、白や黒のサッシをアクセントにして壁面とメリハリを効かせるようにするのがお勧めです。
 
 

まとめ

いかがだったでしょうか。

外壁色は選び方次第で家の印象を大きく変えてしまうため、納得いく色を選ぶことと、経年劣化も視野に入れて許容できる色なのかをきちんと考慮したうえで判断するのが大切です。

本記事が、少しでもお役に立てれば幸いです。


外壁の塗装に関する新着コラム

外壁の塗装に関する人気のコラム

外壁塗装相談の「質問と回答」から検索/外壁塗装に関する相談を投稿

過去に他の方から投稿された外壁塗装相談の「質問と回答」から検索する


外壁塗装に関する相談を匿名で投稿する ※専門家からの回答は約2営業日前後で投稿されます

Btn-post

外壁の塗装コラム一覧へ戻る