アクリル塗料とウレタン・シリコン塗料の違いとは? | 各塗料の特徴・費用等もご紹介

~いざという時の備えに~外壁塗装コラム

TOP >> 外壁塗装コラム >> 外壁の塗装 >> アクリル塗料とウレタン・シリコン塗料の違いとは? | 各塗料の特徴・費用等もご紹介
キーワードからコラムを探す
Bg_column-header
外壁塗装 無料相談Q&A

過去の「質問と回答」から検索する


外壁塗装に関する相談を匿名で投稿する

Btn-post ※専門家からの回答は
 約2営業日前後で投稿されます
外壁塗装コラム

アクリル塗料とウレタン・シリコン塗料の違いとは? | 各塗料の特徴・費用等もご紹介

Pixta_55397800_s

塗料の種類はたくさんあるため、外壁塗料をお考えの方にとっては、どの方法で行えばよいか、迷ってしまうこともありますよね。

 

正しい知識をもっていないと、その家にとって最適な塗料がわからずに、最悪の場合には、外壁を傷めてしまうかもしれません。

 

そこでこの記事では、外壁塗装の一つである「アクリル塗料」について、ご紹介します。

 

現在はあまり使われなくなったアクリル塗料ですが、アクリル塗料にはたくさんのメリットがあり、好んで使う方もまだまだ多くいます。

 

アクリル塗料のメリットや、その他の塗料との違いについてご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

アクリル塗料について

ではまず、アクリル塗料についての基礎知識をご紹介します。

 

アクリル塗料の特徴や成分

アクリル塗料とは、1950年ごろから開発が始まった、主成分がアクリル系の合成樹脂である塗料のことを指します。

アクリル塗料

開発当時は、発色の良い塗料として人気を集めましたが、現在は性能の良い塗料が開発され、アクリル塗料の需要は低くなっています。

 

下記でもご紹介しますが、アクリル塗料にはメリットも多く、人気が落ちてきたとはいえ、アクリル塗料が適している場合もたくさんあります。

 

アクリル塗料のメリット

アクリル塗料のメリットには、以下のようなものがあります。

アクリル塗料のメリット

費用が安価

まず挙げられるのは、費用がとても安価なことです。

 

そのため、何度も外壁塗装をする場合には、アクリル塗料が適しているといえます。

 

費用相場は、1,200~1,800円/㎡です。

 

色のバリエーションや種類が豊富

アクリル塗料の特徴の一つに、発色が良いということが挙げられます。

 

そのため、色のバリエーションが豊富であり、独自の塗装を行うことも可能になります。

 

簡単に重ね塗りが出来て、素人にも扱いやすい

アクリル塗料は1液型なため、扱いが非常に簡単です。

 

1液型とは、塗料液である主剤と、硬化剤である樹脂の二つが混ざっていない液剤のことです(この2つが混ざったものを2液型といいます)。

 

希釈をしたりなどの手間がかからないため、慣れていない方にとっても使いやすい塗料です。

 

色合いが鮮やか

先ほども少しご紹介したように、アクリル塗料は発色が良いため、色合いがとても鮮やかです。

 

それにより、自分の好みのカラーにより近づける塗料方法だといえるでしょう。

 

アクリル塗料のデメリット

次に、アクリル塗料のデメリットをご紹介します。

アクリル塗料のデメリット

塗膜に柔軟性がないため、ひび割れが生じやすい

アクリル塗料に使われるアクリル樹脂は、常温の状態では硬く、柔軟性がありません。

 

そのため、柔軟性をもたせるために、「可塑剤」が加えられています。

 

この可塑剤は、紫外線によって3~5年ほどで抜けていき、最終的にはと塗膜の柔軟性が失われ、ひび割れが発生しやすくなります。

 

耐久性が低い

アクリル塗料は、紫外線によって劣化が発生しやすく、塗料の組織が破壊されやすいというデメリットがあります。

 

そのため、他の塗料に比べて比較的早い段階での塗り替えが必要となります。

 

浸透性が高いため、外部の湿気が室内に侵入しやすい

アクリル樹脂は浸透性が高いため、室内の湿気を外に逃がすことができる反面、外の湿気をも室内に入れてしまいます。

 

湿気が室内に溜まりやすいため、湿気が多い環境での建物には、アクリル塗料の使用はオススメとはいえないでしょう。

 

アクリル塗料の費用

アクリル塗料は、他の塗料に比べて比較的安価なことが特徴です。

 

1,200~1,800円/㎡が相場となっていますので、一般的な30坪を目安にした塗装の場合、その費用はおよそ60万円ほどです。

 

アクリル塗料の使用用途

アクリル塗料は、手軽に、そして安く扱うことができるため、DIYなどでもよく使用されます。

 

また、アクリル塗料は紫外線に弱いので、外部の塗装に使用するよりも、内部塗装の方が適しているといえます。

 

内部であれば、紫外線も少ないため、外部に比べて劣化が穏やかとなります。


 

ウレタン塗料について

では、アクリル塗料以外の塗料について見てみましょう。

 

ここでは、ウレタン塗装についてご紹介します。

 

ウレタン塗料の特徴や成分

ウレタン塗装はその名の通り、ウレタンを使用した塗料となります。

塗料の種類引用元:http://www.paint-skyr.com/comparison.html

アクリル塗料に比べて樹脂に柔軟性があり、密着度が高いのが特徴です。

 

比較的安価ですが、塗膜に光沢があるため、高級感がある塗料です。

 

ウレタン塗料のメリット

それでは、ウレタン塗装のメリットについてご紹介します。

ウレタン塗料のメリット

傷がつきにくい

ウレタン塗装はとても柔らかく、硬化した後も柔らかさを保つので、ひび割れしにくいというメリットがあります。

 

独特の美しい艶感がある

ウレタン塗装はとても光沢のある塗膜なので、高級感のある塗装ができ、独特の美しい艶感も作れます。

ウレタン塗料の艶感引用元:http://novelpaint.com/urethane-paint

柔軟性が高いため扱いやすい

アクリル塗料が柔軟性が低いのに比べ、ウレタン塗装は柔軟性が高く、扱いやすいのが特徴です。

 

柔軟性が高いということは、ひび割れもしにくいというメリットもあります。

 

ウレタン塗料のデメリット

次に、ウレタン塗装のデメリットをご紹介します。

ウレタン塗料のデメリット

紫外線に弱いため耐久性が低い

アクリル塗料と同じく、ウレタン塗装も紫外線に弱いというデメリットがあります。

 

そのため、強い紫外線に当たると、黄色くなってしまうおそれがあります。

 

汚れが目立ちやすい

紫外線によって黄変しやすいため、その部分は非常に目立ってしまう可能性があります。

 

シンナーの独特の臭いがする

ウレタン塗装は粘度が高いため、シンナーで希釈をしています。

 

そのため、少なからずシンナー臭がするので、臭いが苦手な方にとってはデメリットになるといえるでしょう。

 

ウレタン塗料の費用

ウレタン塗装の費用は、1,500~2,000円/㎡が相場となっています。

 

高級感がありながらリーズナブルな費用なため、人気のある塗料といえます。

 

ウレタン塗料の使用用途

ウレタン塗装は耐久性が弱いため、外部での使用はあまりオススメできません。

 

ただし、ウレタン塗装をすることで高級感が増すため、木部などの使用はオススメです。

 

それにより、木部に高級感を出すことができます。

 

アクリル塗料とウレタン塗料の違い

ここまで、ウレタン塗装の特徴をご紹介してきましたが、ウレタン塗装は、

 

  • アクリル塗料の色が鮮やかな一方でウレタン塗料は艶があって高級感が出る
  • 柔軟性が高くアクリル塗料に比べてひび割れしにくい
  • 費用がアクリル塗料と比較して少しだけ高い
  • ウレタン塗料はシンナーの臭いが強い
  • 耐久年数がアクリル塗料に比べて長い

などといった違い挙げられます。

一方で、アクリル塗料はウレタン塗料と比較して

 

  • ウレタン塗料に比べて素人でも扱いやすい
  • ウレタン塗料は艶感がある一方でアクリル塗料は色が鮮やか
  • ウレタン塗料と比較して耐久性が低い

 

といった違いがあります。

シリコン塗料について

最後に、シリコン塗料についてご紹介します。

 

シリコン塗料の特徴や成分

シリコン塗料とは、シリコン樹脂によってできた塗料のことを指します。

シリコン塗料引用元:http://www.hanamaru-r.co.jp/column/2016/01/ceramisilicone-catalog.html

シリコン塗料は耐久性が強く、費用もそれほど高くはないため、最もスタンダードに使われる塗料です。

 

コストパフォーマンスがものすごく高い塗料といえるでしょう。

 

シリコン塗料のメリット

シリコン塗料のメリットとしては、以下のものが挙げられます。

シリコン塗料のメリット

汚れが付着しにくい

シリコン塗料は、光沢感が強く、塗装した部分に汚れが付着しにくいという特徴があります。

 

光沢感が強いということで、高級感のある塗装が期待できます。

 

耐用年数が長い

シリコン塗料は、アクリル塗料やウレタン塗装に比べ、耐用年数が長いというメリットがあります。

 

その期間は、10年〜15年ほどと、とても長いです。

 

防カビ効果が高い

汚れにくいというメリットに加え、防カビ効果が高いのもシリコン塗料の特徴です。

 

塗膜が固く、撥水性があり、物を綺麗に弾く性質があるからです。

 

さらには、雨や泥、ホコリなどを弾く性質もあるため、長い期間綺麗な塗膜を保つことも可能となります。

 

耐熱性が高い

シリコン塗料は、約600℃に耐えられるとされていますので、暑い時期でも問題なく使用することができます。

 

シリコン塗料のデメリット

一方で、シリコン塗料には以下のようなデメリットもあります。

 

ひび割れを起こしやすい

シリコン塗料は、それほど柔軟性が高いとはいえないため、時間が経過するとひび割れが生じる可能性があります。

 

建物に大きな動きが生じた場合、例えば地震などが起こった場合には、ひび割れのリスクが高まります。

 

液型の種類と油性か水性かによって耐久性や臭いに差が出る

シリコン塗料は、種類によっては以下のようなデメリットが生じます。

 

■装飾_table

  1液型 2液型
油性

耐久性が油性塗料により補える

作業しやすい

再利用可能

臭いが強い

耐久性が最も高い

上級者向け

臭いが強い

再利用不可

費用が最も高い

水性

耐久性が最も低い

作業しやすい

再利用できる

最も費用が安い

2液型にすることで耐久性が補える

再利用不可


基本的に、

 

  • 1液型は安価で作業性が高く、再利用ができるが、耐久性が弱い
  • 2液型は耐久性が高いが、高価で作業性が低く、再利用できない
  • 水性の塗料は、安価で臭いが少ないが、耐久性が低い
  • 油性の塗料は、耐久性が高いが、高価で臭いがあり、作業性が低い

 

といったように、メリットがある反面、デメリットもあります。

 

シリコン塗料の費用

シリコン塗料の費用相場は、一般的な30平米の場合、87万円ほどです。

 

しかし、アクリル塗料やウレタン塗装よりも耐久性が高く、長い期間塗り替えが必要ないため、コストパフォーマンスは高いといえます。

 

シリコン塗料の使用用途

シリコン塗料は、汚れが付着しにくく、耐久性も高いため、外壁の塗装に向いています。

 

また、汚れも目立ちにくいため、汚れが付着しやすい部位にもオススメの塗装といえます。

 

ちなみに、屋根は紫外線より強く当たるため、よりグレードの高いシリコン塗料を使用することをおすすめします。

 

アクリル塗料とシリコン塗料の違い

ここまで、シリコン塗料についてご紹介してきましたが、アクリル塗料との違いは、以下のようなものが挙げられます。

 

  • シリコン塗料はアクリル塗料に比べて耐久性が強い
  • シリコン塗料は汚れが付着しにくいため、外壁の塗装に向いている
  • アクリル塗料に比べて高価(耐久性が高いため、コストパフォーマンスは高い)
  • アクリル塗料に比べて耐熱性が高く、暑い時期でも問題なく使用できる

 

こういった違いを踏まえ、塗料を選ぶようにしましょう。

 

まとめ

今回は、アクリル塗料と、その他の塗料との違いについて、ご紹介してきました。

 

アクリル塗料は、現代ではあまり使われなくなった塗料ですが、それでも用途はあるため、今でも使う人が多い塗料の一つです。

 

ただ、紫外線に弱かったり、コストパフォーマンスを考えた際に、他の塗料よりも良くない場合もありますので、そういった面は慎重に考えて、選択するようにしましょう。

 

ぜひこの記事が、あなたの家の症状に合った塗装が見つかるためのご参考になれば幸いです。


外壁の塗装に関する新着コラム

外壁の塗装に関する人気のコラム

外壁塗装相談の「質問と回答」から検索/外壁塗装に関する相談を投稿

過去に他の方から投稿された外壁塗装相談の「質問と回答」から検索する


外壁塗装に関する相談を匿名で投稿する ※専門家からの回答は約2営業日前後で投稿されます

Btn-post

外壁の塗装コラム一覧へ戻る