チョーキング現象とは何か?原因や対策方法まで紹介

~いざという時の備えに~外壁塗装コラム

TOP >> 外壁塗装コラム >> 外壁の塗装 >> チョーキング現象とは何か?原因や対策方法まで紹介
キーワードからコラムを探す
Bg_column-header
外壁塗装 無料相談Q&A

過去の「質問と回答」から検索する


外壁塗装に関する相談を匿名で投稿する

Btn-post ※専門家からの回答は
 約2営業日前後で投稿されます
外壁塗装コラム

チョーキング現象とは何か?原因や対策方法まで紹介

Pixta_48052190_s

「家の壁を触ると手が白くなる」

「最近家の壁が変色してきた気がする」

 

こういったことでお悩みではないでしょうか?

 

住宅の外壁は毎日雨風にさらされているため、どんどんダメージが蓄積してしまいがちです。

 

外壁を触ると手が白くなってしまったり外壁の色が変色してきたりするのは、外壁のダメージが深刻なレベルになってきている兆候だったりします。

 

その状態のまま何も対策せずにいると、外壁の劣化がますます進み、最終的には住宅の内部にまでダメージが進行してしまう場合もあります。

 

そこでこの記事では、住宅の外壁で発生するチョーキング現象について詳しく解説していきたいと思います。

 

住宅の壁を触ると手が白くなってしまうという方は、この記事の内容を参考に対策を進めていきましょう。

 

チョーキング現象とは

住宅の壁を触ると手のひらが白くなってしまうことがありますが、これはチョーキング現象と呼ばれるものです。

正式な名称を「白亜化現象」といいます。

 

チョーキング現象は外壁に施されている塗装の劣化が進んでいるという目印の一つになっています。

 

実際に壁を触ってみて手が白くなってしまう場合は、早急に外壁のメンテナンスをおこなう必要があります。

 

チョーキング現象の仕組み

外壁の塗装が劣化してしまっていることを表すチョーキング現象ですが、チョーキング現象は外壁の塗装がどうなってしまっている状態なのでしょうか?

チョーキング現象が発生する仕組み

チョーキング現象の仕組みについてみていきましょう。

 

外壁の塗装に使用される塗料はただ単に塗るだけでは塗装を維持することができません。

 

合成樹脂によって塗膜を張ることで塗装した部分が保護されるようになり、塗装された状態を維持できるようになります。

 

この塗膜が剥がれてしまうと塗料を保護できなくなってしまうため、塗料の色の元となっている顔料が劣化し、粉の状態に戻ってしまいます。

 

つまり、手で外壁の表面をなぞったときにつくのは、粉に戻ってしまった塗料に含まれる顔料というわけです。

 

 

チョーキング現象が引き起こされてしまう原因

塗膜が剥がれ顔料がむき出しになってしまうことで発生するチョーキング現象ですが、そんな厄介なチョーキング現象を引き起こす原因としては、どういったものがあげられるのでしょうか?

 

チョーキング現象が起きてしまう原因は、大きく分けて2つあります。

チョーキング現象が発生する2つの原因

まず一つ目が、経年劣化です。

 

外壁は雨風や太陽の強い紫外線に毎日さらされています。

 

そうすると、当然塗料の保護膜である塗膜も徐々に劣化し、最終的に剥がれ落ちていってしまいます。

 

そして最終的に引き起こされてしまうのが、チョーキング現象というわけです。

 

2つめは、施工不良が原因でチョーキング現象が発生してしまう場合もあります。

 

例えば業者が塗装作業に必要な手間を省いてしまったり、正しい順番や使用方法で塗料を使用しなかったりすると、チョーキング現象が早い段階で起きてしまう可能性があります。

 

自宅の壁にチョーキング現象が発生しているか確認する方法

チョーキング現象が発生してしまっている外壁はすでにある程度劣化が進んでしまっています。

 

そのため、一日も早く対策を進めていかなくてはいけません。

 

そこで重要になるのが、自宅の壁にチョーキング現象が発生してしまっているかどうかの確認ですが、チョーキング現象が発生しているかどうかの確認は、実は自分でも簡単におこなうことができます。

 

チョーキング現象のセルフチェックの方法は、以下の2つです。

 

外壁を触って粉がつくかチェックする

チョーキング現象という名前の通り、チョーキング現象が発生している外壁を手で触ると、手に白い粉がつきます。

逆にチョーキング現象がおこっていない外壁は、手で触っても粉がつきません。

 

チョーキング現象の仕組みや原因の部分でも解説してきましたが、これは外壁に施された塗装の劣化によって引き起こされるものです。

 

つまり、チョーキング現象が起きてしまっている外壁は塗装が劣化してしまっているということになるため、早めの対策が必要になります。

 

この方法でチョーキング現象を確認する場合、外壁の素材や塗装の方法によっては手に白い粉がつかないこともあります、外壁の塗装に使用されている色によっては別の色の粉がつく場合もあります。

 

水をかけて変色するかどうかをチェックする

チョーキング現象のセルフチェックの方法の二つ目が、水をかけて変色するかどうかをチェックする方法です。

 

チョーキング現象が発生している外壁は、表面に施された塗装が劣化してしまっています。

 

そのため、水をかけると外壁の色が変色してしまいます。

 

変色の度合いは外壁の種類や塗装の劣化度合いによって異なりますが、目で見てわかる範囲で変化するので充分に変化に気づけるはずです。

 

この場合もやはりチョーキング現象が発生してしまっていると判断できるので、早めの対策が必要になります。

 

正しい対策のために知っておきたい外壁の劣化の進み方

チョーキング現象が発生している外壁は、すでにある程度外壁の劣化が進んでしまっていると解説してきました。

 

そのため、可能であればチョーキング現象が発生する前の段階で塗装をし直すなどの対策を進めておくべきだと言えます。

 

そこでここからは、チョーキング現象を含めた外壁の劣化の進み方についてみていきたいと思います。

 

ツヤがなくなる

外壁を塗装したばかりの住宅や新築の住宅は、外壁に塗装された塗装剤が新しく、まだそれほど雨風や紫外線にさらされていないためツヤがあります。

 

しかし、塗装が施されてから時間が経ち、雨風や紫外線の影響をある程度うけ始めると、このツヤがだんだんと失われていってしまいます。

 

とはいえ、この場合は外壁に施された塗装が若干劣化しているだけなので、特に対策をおこなう必要はありません。

 

塗装が劣化してきているんだなという目安にする程度で充分です。

 

色あせや変色が始まる

外壁のツヤがなくなり始めてからしばらく経つと、外壁に色あせや変色が見られるようになってきます。

これが外壁が劣化し始める合図だと考えておいていいでしょう。

 

外壁が色あせたり変色するということは、その箇所に施された外壁の塗装の効力が失われてしまいつつあるという証拠です。

 

そのため、可能であれば、この段階で外壁の塗装をやり直すなどの対策を進めておくことをおすすめします。

 

チョーキング現象が発生する

色あせや変色が発生してしまっている外壁をそのまま放置していることで起こり始めるのが、チョーキング現象です。

 

チョーキング現象が起こると、外壁を手で触ったときに手に粉がつくようになります。

 

先ほどから解説してきている通り、チョーキング現象が起こるということは外壁の塗装が劣化し、外壁にまで影響が出てきてしまっている証拠です。

 

チョーキング現象がおきている外壁は、塗装剤による防水機能が失われてしまっている状態なので、早急に対策を進めていく必要があると言えます。

 

ひび割れが起こる

チョーキング現象が発生してしまっているにもかかわらずその状態を放置していると、外壁の劣化がさらに進んでいきます。

その場合に発生するのが、外壁のひび割れです。

 

外壁にひび割れが発生すると、発生したひびの部分から外壁の内部や建物の内部に雨水が浸透していくことになり、雨漏りの原因や建物の劣化の原因となってしまいます。

 

そうなると外壁の塗装だけでなく外壁自体や建物の内部の修繕が必要になる場合がありため、できるだけ早く対策を進める必要があります。

 

外壁が剥がれ始める

ひび割れが発生してしまっている外壁は相当まずい状態だと言えます。

にもかかわらず、その状態を放置していることで引き起こされるのが、外壁の剥がれです。

 

外壁の剥がれは、外壁の劣化の最終段階と考えていいでしょう。

 

この状態までいくと塗装のし直しで対応することができなくなり、外壁の取替が必要になってきます。

 

そうなると当然費用が膨れ上がってしまうので、ここまで症状が悪化してしまう前に対策をおこなうことが大切になってくるわけです。

 

チョーキング現象を放置していると家の寿命が縮むので絶対にNG

ここまで紹介してきたように、チョーキングは外壁の塗装が劣化し、外壁そのものにまで影響が出てきてしまっている合図のようなものです。

 

そのため、チョーキング現象が発生しているにも関わらずその状態を放置するというのは、住宅の寿命が縮んでいくのを放置しているようなものだと言えます。

 

チョーキングが発生している段階であればまだ外壁自体へのダメージはそれほど蓄積されていないため、外壁を塗装し直す程度の対策で充分です。

 

しかし、外壁のひび割れや外壁の剥がれが発生する段階まで劣化が進むと、外壁の塗装のし直しでは対応できなくなります。

 

そのため、チョーキング現象が確認できた段階でできるだけ早く対策をおこなう必要があるわけです。

 

自宅の壁にチョーキング現象が発生してしまった場合の具体的な対策方法は「塗装」

実際にチョーキング現象が発生してしまった場合、外壁を塗装し直すことで対策することができます。

 

では、チョーキング現象で劣化してしまった外壁の塗装はどのような手順で進めていけばいいのでしょうか?

 

チョーキング現象で劣化した外壁の塗装手順についてみていきましょう。

 

1. 洗浄

チョーキングが発生してしまっている場合、まずは劣化して粉になってしまっている塗装剤を綺麗に取り除いてあげなくてはいけません。

外壁の洗浄作業

 

洗浄せずに新しい塗装剤を上塗りしてしまうと外壁にしっかりと定着してくれないので、この工程はかなり重要です。

 

チョーキング現象が発生している外壁の洗浄は、高圧洗浄機を使っておこなっていきます。

 

このとき、高圧洗浄機の圧力設定を間違えないよう注意してください。

 

というのも、圧力を強くし過ぎてしまうと外壁を痛めてしまう可能性があるからです。

 

また、同様の理由から、外壁をゴシゴシこすったりすることがないよう注意するようにしてください。

 

2. 下塗り

チョーキングの粉を高圧洗浄機でしっかりと洗い落としたら、シーラーやプライマーで下塗りをおこなっていきましょう。

プライマー塗料

いきなり塗装剤を塗装しても外壁にしっかりと定着してくれません。

 

ですので、一旦シーラーやプライマーを下塗りして、その上から塗装剤で塗装していくわけです。

 

この工程をしっかりとおこなわないと上塗りしていく塗装剤の定着率に影響が出てしまうので、丁寧におこなっていくようにしましょう。

 

3. 上塗り

シーラープライマーでの下塗り作業が終わったら、いよいよ塗装剤を使って上塗りしていきます。

 

外壁の塗装に使用する塗装剤にはさまざまな種類があり、塗装剤によって価格や特徴が異なるので、予算や求める効果でどの塗装剤を上塗りしていくか決めていくようにしましょう。

 

チョーキング現象への対策をDIYでおこなうのをおすすめしない理由

外壁塗装をDIYでおこなうのをおすすめできない理由は、ケガをしてしまうリスクの高さにあります。

 

外壁塗装をおこなう住宅が何階建てかにもよりますが、住宅の外壁は結構な高さになっているため、塗装をおこなうときは足場の設置が必要になってきます。

足場イメージ画像

しかし、一般の方が足場を組むというのは不可能なので脚立を使って対応していくことになりますが、その場合は脚立から落下してしまう危険性が高くなってしまいます。

 

そのため、DIYでの外壁塗装はおすすめできないわけです。

 

チョーキング発生時に塗装する際の注意点

チョーキングが発生した場合は外壁を塗装しなおすことで対処していきますが、塗装剤をしっかりと定着させるためには下地処理がとても重要になってきます。

 

しかし、この下地処理という作業は、素人の方がDIYでおこなえるような作業ではありません。

 

というのも、下地処理は技術難易度が高く、経験と知識のある職人と方でさえ正しく対応するのが難しい場合もあるからです。

 

もちろん自分でやるかやらないかの判断は自由ですが、上記のような理由から、結局業者にお願いすることになってしまったというような事例も少なくないということを覚えておくようにしましょう。

 

チョーキング現象への対策は専門の業者に任せよう

チョーキング現象が発生してしまった外壁の塗装は、DIYでどうにかしようとするのではなく、専門の業者に依頼するようにしましょう。

 

外壁の塗装は安くおこなえるようなものではなく、安くても10万円以上はかかります。

 

しかし、しっかりと塗装できないリスクやケガのリスクを考えると、やはりプロに対応してもらうべきです。

 

プロに塗装してもらった方が塗装剤がしっかりと定着し、結果としてコストパフォーマンスが高まったりするので、よほど慣れている場合でない限りプロに依頼するようにしてください。

 

まとめ

外壁が劣化していることを知らせてくれるチョーキング現象について詳しく解説してきました。

 

この記事で紹介してきたように、チョーキング現象が発生してしまっている外壁は一日でも早く対策をおこなうべきです。

 

放置している間にも外壁の塗装や外壁の劣化はどんどん進んでいっているので、できるだけ早く専門の業者に依頼して、対策していくようにしましょう。


外壁の塗装に関する新着コラム

外壁の塗装に関する人気のコラム

外壁塗装相談の「質問と回答」から検索/外壁塗装に関する相談を投稿

過去に他の方から投稿された外壁塗装相談の「質問と回答」から検索する


外壁塗装に関する相談を匿名で投稿する ※専門家からの回答は約2営業日前後で投稿されます

Btn-post

外壁の塗装コラム一覧へ戻る