ガルバリウムを屋根に使う際に知っておくべき知識|費用からメンテナンス、施工方法についてまで解説

~いざという時の備えに~外壁塗装コラム

TOP >> 外壁塗装コラム >> 屋根の貼り替え >> ガルバリウムを屋根に使う際に知っておくべき知識|費用からメンテナンス、施工方法についてまで解説
キーワードからコラムを探す
Bg_column-header
外壁塗装 無料相談Q&A

過去の「質問と回答」から検索する


外壁塗装に関する相談を匿名で投稿する

Btn-post ※専門家からの回答は
 約2営業日前後で投稿されます
外壁塗装コラム

ガルバリウムを屋根に使う際に知っておくべき知識|費用からメンテナンス、施工方法についてまで解説

Pixta_2425399_s_(1)

ガルバリウム鋼板を使用した屋根は使われ始めてから30年ほど経ち、耐久性の高さなどが認められ一般にも普及してきた性能の高い屋根材です。
その性能の高さから、新築よりもリフォームの際に耐久性を重視する方にとても人気があります。

そこで今回は、ガルバリウム屋根のリフォームにかかる費用やメリット・デメリット、施工方法など、屋根リフォームの際に身につけておくべき知識を全て解説していきたいと思います。
メリットだけでなくデメリットもしっかりと把握しておきましょう。

ガルバリウムとは

ガルバリウムとは、屋根や外壁に使われる金属製の鋼板のことです。業界では「ガルバ」や「GL鋼板」と呼ばれてます。

ガルバリウム

建築材料には様々な金属が使われますが、ガルバリウムは金属の中で費用対効果に優れているため、「金属屋根」「金属サイディング」と呼ばれる物はほぼ「ガルバリウム鋼板」のことを指します。

銅やステンレス、チタン等、ガルバリウムよりも耐久性に優れる金属は沢山あるのですが、高価なため住宅にはあまり使われません。

また、ガルバリウムは「アルミ55%」「亜鉛43.4%」「シリコン1.6%」で構成され、さびを防ぐ「耐食作用」とさびに耐える「耐食性」に優れているのが特徴です。

しかし、傷が付くとそこからさびが浸食し劣化の原因となってしまうデリケートな素材のため、日頃の取り扱いやメンテナンスに気を遣う必要があります。

ガルバリウムの屋根にかかる費用

屋根をガルバリウムへリフォームする場合の相場は以下の通りです。
120万円~200万円(葺き替え/100㎡の場合)

屋根の勾配が急な場合や、複雑な形の屋根の場合は追加費用がかかる場合があります。
また、上記の相場は古い屋根を撤去して張り替える「葺き替え」の費用です。

既存の屋根がスレートなどの軽く平らな屋根材の場合は、上からガルバリウムを取り付ける「カバー工法」も可能です。

カバー工法の場合、1㎡当たり3000円ほどの屋根材撤去費用が不要なので、相場は90万円~170万円と少し下がります。
また今現在の屋根材が古く、2004年以前に施工されたスレート屋根の場合アスベストを含んでいる可能性があります。

アスベストは人体に有害なため、撤去の際に資格を持った責任者の選任と適正な処理が必要になります。
人件費と手間がかかるため、上記の相場に料金が上乗せされる可能性があります。見積もりの際にチェックしてもらいましょう。

ガルバリウム屋根にかかる費用は横葺きか横葺きかによって大きく変わる

ガルバリウム屋根にかかる費用は屋根の葺き替え方向によって大きく費用が異なります。
縦葺きと横葺きの場合のメリット・デメリットを比較した上で、あなたに合った葺き替え方向を選びましょう。

縦葺き

縦葺きのメリット

縦葺きのメリット

施工費用が安い

現場で1枚1枚加工し施工するため、材料の無駄がなく施工費用は安く済みます。
また、複雑な屋根の形には対応しておらず、シンプルな形の屋根で採用されることが多いため施工期間が短くなることも施工費用が安くなる理由の1つです。

施工期間が短い

シンプルな形の屋根での採用が多いことと、つなぎ目などの加工が必要ないので施工期間が短くなります。

防水性が高い

つなぎ目が勾配に沿っているため、排水性が良く防水性に優れています。
横葺きとは違いつなぎ目がない1枚板なので、雨漏りの心配が少ないのも防水性に優れている理由の1つです。

縦葺きのデメリット

複雑な屋根には対応できない

ガルバリウム屋根の縦葺きは現場で加工するため、屋根の形が複雑な場合、職人さんの技術力と長い施工期間が必要になります。
すると費用も高くなり、施工期間も長く、屋根と壁が接する部分は排水性が悪くなるため、縦葺きのメリットが失われてしまいます。

そのため、屋根の形によっては対応できない業者もあるでしょう。
切り妻屋根や片流れ屋根など、シンプルな形状の屋根以外でしたら避けた方が無難です。

縦葺きの費用

ガルバリウム屋根のリフォームで縦葺きを採用する場合の価格相場は、5500円/㎡程度です。横葺きよりも相場は高くなる傾向にあります。

横葺き

横葺きのメリット

横葺きのメリット

断熱材一体型がある

横葺きの場合、断熱材一体型のガルバリウム鋼板が販売されています。
そのため、断熱材が付いていない縦葺き用と比べて、別途屋根断熱を施したり、天井断熱で対策する必要がありません。

ガルバリウムは熱を通しやすいため、断熱材が付属していることで室内の快適性を高めることができます。

デザインが豊富

横葺きは鋼板のデザインも豊富で、シンプルな物から和瓦風、天然石粒付きなど様々なデザインがあります。
ガルバリウムの機能性とデザイン性を併せ持ったリフォームができるのも横葺きの特徴です。

全国に流通しているため手に入りやすい

横葺き用ガルバリウムは、縦葺き用と比べて需要が高いので、様々なメーカーが製造販売しているため手に入りやすいことがメリットです。
種類も豊富で、一般のガルバリウム鋼板よりも性能が高く新しい「スーパーガルバリウム鋼板」も横葺き用の屋根材です。

屋根の構造が複雑な場合も対応できる

横葺きは棟の複雑な形状や、入り組んだ納まりの部分にも対応可能です。
そのため、注文住宅や増築で複雑になった屋根の形状にも採用することができます。

横葺きのデメリット

横葺きは縦葺きと比べて排水性能が劣るため、傾斜が緩い屋根には対応できないことがあります。
横葺きで対応可能な勾配は「2.5寸以上」です。

「屋根形状がシンプルだから縦葺きにしよう」と思っても、勾配によって不可能な場合がありますので、見積もりの際に業者に確認してもらいましょう。

横葺きの費用

ガルバリウム屋根のリフォームで横葺きを採用する場合の価格相場は、7000~8500円/㎡です。縦葺きよりも相場は高く、デザインや機能の種類が豊富なため、同じ横葺き用ガルバリウム鋼板でも価格に開きがあります。

縦葺きか横葺きかは費用と質のどちらを取るかで決める

少しでも費用を安く抑えたいのであれば、縦葺きがおすすめです。
断熱性能の高さや耐用年数の長さなど、機能面を重視したいのであれば横葺きを選びましょう。

屋根の形によっては縦葺きを選べない場合もあるので、業者と相談しながら決めることが必要です。

カバー工法と葺き替え工事を比較

屋根の補修方法には葺き替え・カバー工法(重ね貼り)・塗装の3つの方法があります。
今回はガルバリウム鋼板を新たに使用することを想定して、葺き替え工事とカバー工法についてメリット・デメリットを比較します。

カバー工法のメリット

カバー工法のメリット

廃材の処分費用が不要

カバー工法は、既存の屋根の上からガルバリウム屋根を設置するため廃材が出ません。
そのため、1㎡当たり3000円ほどかかる廃材処分費用が不要です。

屋根の面積が100㎡の場合30万円程度安くなりますので、この金額の差はとても大きいでしょう。

施工期間が短い

カバー工法は葺き替え工事と違い、既存の屋根材の撤去や下地の補修などの工程が不要なため、施工期間が短く済みます。
工事期間は近隣への配慮や騒音などが気になる所ですので、施工期間が短いことはメリットと言えるでしょう。

施工費用が安い

上記でも解説したとおり、廃材の処分費用が不要なことに加えて、施工期間が短いため人件費も抑えることができます。
そのため、全体的な施工費用が安くなるでしょう。

断熱性・防音性が高い

ガルバリウム屋根のデメリットとして、断熱性や防音性が低い事が挙げられます。
しかし、カバー工法の場合は2重に施工することになるため、断熱性や防音性は既存の屋根材との相乗効果で高くなるでしょう。

カバー工法のデメリット

カバー工法のデメリット

耐震性が低くなる

ガルバリウム屋根はとても軽量で、単体ではとても耐震性に優れている屋根材です。
しかしカバー工法で2重張りすると、重さが既存の屋根材にガルバリウム鋼板の重さが加わります。

そのため、ガルバリウム屋根のメリットである「耐震性」については、カバー工法の場合低くなってしまうでしょう。

下地の耐久性が悪くなる可能性がある

カバー工法は下地の補修をせず、防水シートを貼った後に屋根材をかぶせる工法です。
既存の屋根材の下地が老朽化しもろくなっていた場合、カバー工法でリフォームしたとしても短期間で葺き替えが必要になってしまいます。

メンテナンス時にしっかりと点検してもらうことが大切です。

雨漏り修理が割高になる

カバー工法でリフォーム後に雨漏りが発生した場合、葺き替え後の屋根より修理が割高になる可能性があります。

単純に屋根が2重なので、雨漏りの原因を突き止めることに時間がかかったり、特定できない場合があるためです。

雨漏りの原因が分からないと葺き替えリフォームをすることになってしまうので、注意が必要です。

葺き替え工事のメリット

下地材の交換も同時に可能なため、メンテナンスが割安になる

木造住宅の場合、防水シートなどの下地材の劣化により「野地板」などの屋根材が腐食していることも多々あります。

カバー工法の場合は下地材を交換することができませんが、葺き替え工事なら下地材も同時にメンテナンスできます。
そのため長期的に見るとメンテナンス費用が安くなるでしょう。

屋根材の交換ができる

葺き替え工事の際には、古い屋根材を全て交換することができます。
もし屋根材が老朽化していたり、アスベストが使用されている場合でも、メンテナンスを先延ばしせずにまとめてリフォームをすることができます。

屋根の断熱を行うことができる

カバー工法の場合、防水シートとガルバリウム鋼板の設置のみですが、吹き替えを行う場合は屋根材を取り払った後に断熱材を追加することができます。
すると室内の快適性が向上し、ガルバリウム屋根のデメリットである断熱性の低さをカバーすることができるでしょう。

葺き替え工事のデメリット

古い屋根の処分費用がかかる

葺き替え工事は古い屋根材の廃材処分費用がかかります。
100㎡の屋根の場合、30万円前後かかりますので、カバー工法との金額の差が大きく開いてしまうでしょう。

工事音が大きい

既存の屋根材を撤去する際、屋根の上から地上のトラックへ屋根材を投げて処理することがあります。
その騒音の大きさは近隣とのトラブルの原因となってしまう場合もあるほど大きな音なので、配慮を忘れないようにしましょう。

屋根の劣化症状によってはカバー工法が出来ない場合もあります。
症状の見極めについては素人では難しいため、業者に現地調査を依頼しましょう。

屋根材にガルバリウムを使用するメリット

屋根にガルバリウムを使用するとどのようなメリットがあるのでしょうか?
ここからはガルバリウムを屋根材に使用するメリットについてご紹介していきます。

屋根材にガルバリウム鋼板を使用するメリット

耐震性が高い

ガルバリウム屋根の重さは日本瓦の1/10と、とても軽量なため地震で揺れた際でも構造材への負担が少なくて済みます。
そのため、耐震性が高い屋根材と言えるでしょう。

メンテナンス性が高い

自分でできるガルバリウム屋根のメンテナンスは、年に1回水を掛けるだけととても簡単です。
傷が付いてしまった場合にも、さび止めと塗装のみで屋根材の交換が不要なので、簡単かつ安価にメンテナンスすることができます。

デザインがおしゃれ

ガルバリウム屋根は様々なデザインの物がメーカーから販売されており、種類がとても豊富です。
家の雰囲気に合わせてシンプルな物から、和風、洋風と好きなデザインを選ぶことができます。

耐熱性が高い

瓦は急激な温度変化に弱く、ひび割れや割れを引き起こしてしまうことがあります。
それに比べて金属でできているガルバリウム鋼板は、350℃程度の熱ならば特に材質に変化をもたらすことはありませんので、耐熱性が高く屋根の色を濃い色にすることも可能です。

屋根材にガルバリウムを使用するデメリット

屋根材にガルバリウムを使用するデメリットについても確認した上で、導入を検討しましょう。
ここからは屋根材にガルバリウムを使用した場合のデメリットについてご紹介していきます。

初期費用が他の屋根材に比べて高い

最近の住宅でよく使われ、普及率の高い「スレート屋根」と比較すると、ガルバリウム鋼板の屋根は初期費用が高くなるでしょう。

断熱性や防音性の低さをカバーするための工事が必要になることも、初期費用が高くなる理由の1つです。

屋根の種類 スレート瓦 ガルバリウム鋼板
価格相場(1㎡当たり) ¥4500~¥8000 ¥6000~¥9000

メーカー保証の条件が厳しい

ガルバリウム屋根は塩害に弱いため、海沿いにお住まいの場合は内陸にお住まいの方と比べてメーカー保証の条件が厳しくなることがあります。

製品自体の機能も大切ですが、メーカーごとに保証の手厚さが異なりますので、保証される条件をしっかりとチェックして選ぶようにしましょう。

施工難易度が高いため、専門の業者を見つけることが困難

ガルバリウム屋根は現場で切断などの加工をするため、他の屋根材と比べて施工難易度が高くなる傾向にあります。
そのため、ガルバリウム鋼板の施工経験が豊富で、かつ丁寧に施工してくれる業者は少ないでしょう。

知識を持った業者に依頼しないと、ガルバリウム良さを最大限に発揮できないため注意が必要です。

屋根材にガルバリウムを使用した際のメンテナンスについて

メンテナンス費用の目安

屋根にガルバリウムを使用した際のメンテナンス費用は以下の通りです。
(屋根面積100㎡当たりの相場)

  • 屋根塗装(シリコン系塗料):35~50万円
  • カバー工法:90~170万円
  • 葺き替え工事:120万円~200万円

「屋根面積100㎡」は約50坪の住宅の目安ですので、50坪よりも小さい面積ならばもう少し安くメンテナンスすることができるでしょう。

複雑な形の屋根や、急勾配な屋根、アスベストを含む屋根の葺き替え工事は別途費用か加算される場合がありますので注意が必要です。

メンテナンスの期間

基本的にはメンテナンスは20~30年に一度程度

ガルバリウム屋根の耐用年数は約30年です。そのため、張り替えのメンテナンスは20~30年に一度が目安となります。

ただし、30年の間にさびによる穴や傷のメンテナンスをしっかりとしていれば耐用年数はさらに延び、大規模なメンテナンスを先延ばしすることができます。

下地の痛みを考慮したメンテナンスは10年に一度程度

防水シートとして使われる「アスファルトルーフィング」の耐用年数は10年程度です。
これ以上時間が経過すると、防水シートが劣化し、野地板など下地の劣化に繋がります。

ガルバリウム自体の耐久性は高いですが、10年に一度はメンテナンスが必要かどうか調査をしてもらうようにしましょう。

メンテナンスの方法

ガルバリウムのメンテナンス方法については他の屋根材に比べると比較的簡単です。
注意点も含めてメンテナンス方法についても確認しておきましょう。

定期的に水をかける

自身でできるメンテナンスは、定期的に水をかけて汚れを落としてあげることです。
特に海沿いの塩害のある地域では月に数回、一般の地域では年に数回が目安となるでしょう。長持ちさせるために、メンテナンスを怠らないようにしましょう。

水をかける際の注意点

水をかける際、汚れをしっかり落としたいからと行って「高圧洗浄機」で水かけを行うのはNGです。
塗装まではがれてしまい、さびの原因となります。ホースでやさしく、全体的に水をかけてあげましょう。

また、ガルバリウムに太陽光発電を設置する住宅が増えております。太陽光発電を設置するメリットについては「太陽光発電を設置する5つのメリット」をご確認ください。

まとめ

ガルバリウム屋根のリフォームにかかる費用やメリット・デメリット、施工方法について解説しました。

メンテナンスを定期的に行えば、耐用年数も長くデザイン性も高い屋根材です。
外壁もガルバリウム鋼板にすれば、モダンで統一性のある外観になるでしょう。

しかし、経験豊富な業者に依頼しないとガルバリウムの良さが半減してしまいます。
実績をしっかり確認し、複数社見積もりを取ることで、優良な業者に施工してもらうようにしましょう。

新着の記事

人気の記事


屋根の貼り替えコラム一覧へ戻る